夏のごろごろ

 昼に起き、納豆とご飯を食う。
 納豆は朝の天才だ。

 昼はだらだら、げらげら、ごろごろ過ごし、コーヒーを飲んだり、Walkersのショートブレッドを食べたりする。

 夏のごろごろは、ひとつのレジャーだ。
 自然に顔がほころんでも、しようがないのだ。

 夕方、実家へ。
 なぜか、大好きなエビスビールが冷やしてあった。
 飲んじゃうに決まっている。
 なぜか、夕張メロンがあった。
 食べちゃうに決まっている。

 昨日、心待ちにしていた、フロスト警部シリーズ最新作「夜のフロスト」を買った。
 今日、夕方から、じわじわと読み始める。
 いやあ、ずいぶん待ったなあ。
 4年も待ったぜ。
 が、それだけに、1行1行まるで脈打つような快楽がある。
 甘美なことこの上ない。
 文庫なのに1300円もするボリュームだから、今週1週間かけて、嬲り読んでいくのだ。
 もう誰に声をかけられても振り返らないのだ。

タイトルとURLをコピーしました