秘湯は猫バスがよく似合う

 秘湯の朝食。
 野沢菜のおかゆが出る。
 消化に良さそうなものばかり。
 食った後は当然のことながら温泉につかる。

 露天風呂に入り、景色を見ながら源泉を飲む。
 糖尿病に効くらしい。

 突然遠くのほうからゴーッという音が聞こえた。
 なんだろうと思った瞬間、宿全体が突風に包まれた。
 木の葉が舞い散り、柱がきしむ。
 「なんだなんだ、猫バスか?」

 山おろしだろうか。
 平野部ではお目にかかることのできない類の突風であった。
 露天風呂は落ち葉がたくさん浮いていた。

 チェックアウトし、山を降りる。
 降りるだけで50分近くかかるのだから、やはり奈良田は秘境と言えよう。
 降りてから、滝を見つける。
 マイナスイオン補給。

マイナスイオンを補給する私

 昼過ぎに河口湖に寄る。
 観光客の姿はほとんどなく、そのために食堂も閑散としていた。
 1階が革製品売り場で、2階が食堂という妙な店に入る。
 案の定高かった。
 仕方ないので、どんな店でもとりあえずそこそこの味になるカレーライスを注文。
 そこそこの味だった。

 この季節になると感想のためか、静電気がすごい。
 車に乗ると特に顕著だ。
 嫌というほどビリビリいう。
 もうどうしようもないくらいだ。
 靴が触れただけでバチッとくるのは、さすがに頭にくる。
 だって、靴ですぜ?

 夜の8時過ぎに東京へ。
 甲州街道が思ったよりも渋滞していたのだ。
 特に立川へ行く車が非常に多かった。
 何か、イベントでもあったのだろうか?

 車を返してから、国分寺の「あかぎ」でオムレツ定食を食う。
 昨日から、めしを沢山食っているような気がする。
 帰宅後、シャワーを浴び、すぐ寝る。

タイトルとURLをコピーしました