赤いモビルスーツに乗る前

 夕方、荻窪のラーメン二郎へ行った。
 池袋で食えなかったことを根に持っての行動だ。
 店はあっけないほどすいていた。
 トッピングもなく、最後に
 「ニンニク入れますか?」
 と聞かれるのみだった。
 「お願いします」
 と答えるのが精一杯だった。

 味は、二郎にしては上品な感じがした。
 (この野郎!)
 と野菜がのり、
 (参ったか!)
 と豚がのる。
 それが二郎なのに。
 だが、都内の色々な町に二郎が進出した今、本来の味がどうこういう二郎原理主義は、廃れていく宿命にあるのかもしれない。

 ここに、今から20年前のインタビューがある。
 http://www.sthills.co.jp/jiro.htm

 雑誌のラーメン特集に二郎が載ったことはほとんどない。
 まして店主はまったくメディアに露出しない。
 だから、この記事は大変貴重だ。
 ラーメンが今のようにブームになる前のもので、インタビュアーは慶応の学生だという。
 雑誌の取材ではなく、卒論に載せるためのインタビューらしい。
 だからオーケーされたのかもしれない。

 当時は成蹊大学そばの二郎がオープンしたばかりで、それほど人気もなかったという。
 成蹊大そばの二郎は、店長が元慶応の学生で、本店の二郎を食べてラーメンに開眼し、学校を止めて二郎に弟子入りしてオープンさせた店だという噂があった。
 都市伝説のひとつかもしれない。

 初めて二郎のラーメンを食べたのは今から11年前だ。
 成蹊大学そばの二郎だった。
 行列に30分以上並んで食べたが、その量と味に衝撃を受けた。

 以来、町でラーメン二郎を見つけるとつい、
 (むむっ…)
 とうなって立ち止まってしまう。
 もしかしたら、初めて食べたときの感動が蘇るかもしれないと思うからだ。

 だが、11年前に二郎ラーメンを食べた時は、まだ若くて食欲も今の数倍あった。
 バーガーキングのワッパーが4個食えた。
 その頃にうまいと思えたものを、今でもそう思えるだろうか。

 11年前の二郎初体験から、色々な店の色々なラーメンを食べてきた。
 最近では、食べて驚くということは滅多にない。
 どのラーメンも何らかのカテゴリーに収まるし、食べながら脳内でそれを整理する自分がいる。
 分析をすればするほど、感動の温度は低くなる。

 「どうだった?」
 「うーん、化学調味料使ってるからさあ、スープが舌にくるよね」
 「どうだった?」
 「うーん、麺がアタシ好みじゃないかも」
 「どうだった?」
 「うーん、もう魚系のダシだけで勝負するのは古いって感じかな」
 「どうだった?」
 「うーん、武蔵と青葉の悪いところを足して2で割ってるね」
 「どうだった?」
 「うーん…」

 もう語るのはよそう。
 自然に帰れだ。

 先週の『西遊記』は伊藤蘭がゲストだったらしい。
 三蔵法師の母親役だったそうな。
 それだけ見たかった。

 堺正章版『西遊記』の第9話を見た。
 悟空、八戒、悟浄の掛け合いがスムーズになってきた。
 岸部シローが関西弁、西田敏行が福島弁を喋っているのに対し、堺正章は江戸っ子風のしゃべり方をしていることに気づいた。
 いかにも江戸っ子という感じのしゃべり方じゃない。
 東京のお笑い芸人、堺駿二を父に持つマチャアキならではの、育ちからくる自然のしゃべり方だろう。
 だから、3人組が会話すると、いろんなところからやってきた3人組という感じがして、実にいいのだ。

 夏目雅子はだんだん、男役が板に付いてきた。
 もちろん顔立ちはきれいだし、声も明らかに女なのだけど、魂が僧侶に近づいてきたというのか、女がやっているという不自然さがなくなってきた。

 9話ではちょっとしたサプライズがある。
 辺境の町を治める代官の息子役で、池田秀一が出ているのだ。
 彼はこの放送の1年後、赤いモビルスーツに乗って地球連邦軍を大いに苦しめることになる。
 声だけの出演だが。

コメント

  1. きよきよ より:

    池田秀一、出てたんだー。おぼえてない。
    それ系のお話だと、島本須美が岸部シローに惚れる娘役で出てた、はず。
    ですよね。

  2. ドカ山 より:

    > きよきよ

    そうそう。島本須美出てた。
    島本須美はまだ新劇女優さんで、声優やってないんじゃないかな。
    池田秀一って、子役タレント出身らしいよ。