せめぎ合いドラマ

9時起き。辛ラーメン食べる。外は雨だった。
昼過ぎ、自転車で鷺ノ宮へ。「すぎ本」で醤油ラーメン食べる。味がきれいすぎて好みではなかった。ラーメンに求めるものが合わなかったということだろう。うまいという意見はわかる。

上石神井へ。りほさんの芝居を見る。小民家スペース。議員だった父の葬式が終わった後の、娘たちの話。娘のひとりがあとを継ぐのだが、父の秘書も後釜を狙っている。そこに男女関係、というより、ジェンダー観のせめぎ合いドラマが重なっていく。

終演後、TSUTAYAでCDを返して帰宅。

夜、溜まっていた疲労感に追いつかれる。
「嫌われ松子の一生」をスマホで見て、うるっときた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。