代々木で飲んだ

4時20分起き。外は明るくなりかけていた。コンビニへ行くとハードボイルドな女性店員が入り口を掃除していた。豚骨醤油のカップ麺を買って食べる。
夜の間に雨が少し降ったらしい。空は曇っていた。

水耕栽培のきゅうりの葉を調べる。ウリキンウワバが四匹見つかった。一匹は葉の根元を食い、しおれた葉の間に隠れていた。どいつもこいつも割り箸でつまみ、ブロック塀の上に並べた。

9時を過ぎると晴れてきた。同時にまた腹が空いてきた。カレーパンとハムカツパンを食べる。塀の当たりで鳥の鳴き声がした。芋虫を食べたのだろう。

トマトは第一花房が直径五センチほどになった。再来週の週末にはいい大きさになっていると思う。

12時過ぎに塩ラーメンと塩唐揚げを食べる。

1時過ぎ、走りに行く。
水道道路を環八まで走り、用賀から住宅街に入り南へ。その辺りをジョギングするのは久しぶりだった。途中、五郎様の森という小さい公園があった。森というには狭いが、木は大きかった。カブトムシの飼育小屋があった。
等々力渓谷まで走れたらいいなと思ったが、そこに至ると片道何キロになるのか判断できなかった。12キロくらいまでならいいが、14キロだとまずい。たった2キロの差だが、往復すると倍になる。24キロと28キロではダメージがまるで違うし、心構えも違うのだ。
Runtasticアプリで、その時点でどのくらい走ったかを調べる。こいつはGPSで走行ルートをトレースしてくれるアプリだ。3年前くらいから使っているが、最近やたらに宣伝動画が再生されたり、走っている途中で勝手に終了してしたりと、けしからぬ動きをする。今日もそうだった。画面を見たら、なんとスタートからまったく動作しておらず、走行距離は0キロだった。頭にきた。感覚的には10キロくらいは走ったと思ったが、轟木まで2キロ前後あった。微妙だったが、引き返すことにた。
馬事公苑、経堂と千歳船橋の間と、住宅街を北上し、見慣れた桜上水を通り、4時過ぎに帰宅。走った時間は2時間以上3時間未満。大して走ってないと思った。風呂に入ってからキョリ則で調べると、走行距離は20キロちょうどだった。

6時過ぎ、代々木へ。森さん、谷中さんと飲む。駅そばの居酒屋。つまみが安かった。
最近のニュースからそれぞれの近況まで、雑談の楽しさを味わいながら、思いつくまま喋った。愚痴大会にならず、とても楽しかった。
途中、セクハラについて話している時、上野千鶴子先生の名前が思い出せなくなった。著作タイトルをいうと谷中さんが検索してくれた。
「このひとですか?」「待って。自分で思い出したい」
指回し体操をしてみた。
「たぶん、家帰って風呂入った時に、あーっ! って感じに思い出しますよ」森さんが言った。
指回し体操が終わった。
「やっぱ、思い出せないなあ」
「答え合わせしますか?」
「いや、いいよ。ところでさ…」話題を変えようとした。「あ、思い出した。上野千鶴子?」
「正解です」
指回し体操をすると、ど忘れした時に思い出せるのだな。

谷中さん、10時前に帰る。その後も森さんと11時半まで話す。最近考えた二人芝居の案、共通の知人の話題、スナックデビューについてなど。

会計をする時店員に「強いですねえ」と言われた。5時間経っていた。しかし案外酔わなかった。
外に出ると涼しくなっていた。半袖だと寒かった。
12時帰宅。部屋の中は昼間の暑気が残っていて暖かかった。