胃カメラ飲む

6時起き。
肘の具合は昨日よりさらに良くなっていた。痛みはほとんど感じなくなった。
ただし、炎症を起こしていた時の腫れがまだ引いておらず、可動域は回復していなかった。

8時に家を出る。

高円寺の消化器内科へ。
8時半から胃カメラを飲む。経鼻を選択した。
鼻に潤滑剤と麻酔薬を塗布され、アタッチメントチューブを差し込まれてから、その中を胃カメラが通っていった。
内視鏡検査に特化した医院だったので、先生も看護士さんも手慣れており丁寧であったが、こちとら初体験だったので、鼻の奥や喉の奥をカメラが通過していく感覚にたいしてフレッシュな反応をせざるを得なかった。まして、食道や胃の内部や十二指腸界隈を取材班が徘徊する時の心理状態はときたら、手練れの熟年テクニシャンになすすべなく玩具にされる童貞処女のごとき心理状態そのものであった。すべてが終わってから先生に「モニターで自分の、見ました?」と聞かれても、「そんな…自分のそういうのなんか見られません…」としか答えられなかった。

写真を見ながら先生の所見を聞いた。食道と胃の分岐点にある輪状の筋肉が緩いとのこと。これは鍛えようがないので仕方なし。胃と十二指腸に荒れた箇所があり。潰瘍まではいかないが、念のため検体検査に回したとこと。

潰瘍や腫瘍がなかったことにホッとした。荒れた箇所は、先週はもっと荒れており出血していたのではないか、それゆえの貧血だったのではないかというのが先生の見立てだった。ただ、今はもう出血していないので、胃薬を飲んでしばらく養生し、検体検査の結果を次回聞きに行けば良い。

10時過ぎ、遅れて現場へ。

ストーン氏依頼の作業をする。

昼、コンビニ食。おにぎり二つとあんパン。

午後、ストーン氏の他に、仲野さんの依頼受ける。

ストーン氏の依頼をこなしている最中、質問事項があり聞いてみたが、やり取りがうまくいかなかった。

夕方、西葛西へ。6時半実家帰宅。
夕食に、ご飯、さば塩焼き、豚汁、きんぴらごぼう。

Amazonで買ったルアーが実家に届いていた。トライデントの90。しかし、肘が治るまで釣りはお預けだ。

母、先週『LOVE LOVE あいしてる』を録画して見たという。感想を話し合っているうちにもう一度見たくなったので、再生して一緒に見た。

9時半、自室に引き上げる。そのまま10時就寝。

タイトルとURLをコピーしました