映画「ショーガール」は、笑わせたいのか

 何しろ朝の5時半まで起きていたものだから、昼の3時まで寝ていたのは仕方がない。
 ただ夜型の連鎖がこうして続くのかと思うとやりきれない。
 まるで夜に呼ばれているみたいだ。

 簡単に食事を済ませてから、台本関連の資料とにらめっこ。
 作業としてはひたすら頭の中にイメージを取り込むだけ。
 いわば、スキャナーをかけまくるようなものだ。

 肩の凝る仕事の気晴らしに夕食を作る。
 キャベツが余っていたのでかた焼きそば。
 豆腐があったのでなめこと一緒にみそ汁にする。

 コーヒーメーカーのサーバーが割れてしまったのは先月のことだ。
 以来、緊急措置としてインスタントコーヒーを導入したものの、付け焼き刃の感は否めない。
 よって最近は、薬缶とフィルターでコーヒーをいれている。
 コーヒー通に言わせれば、コーヒーメーカーこそ邪道らしいが。
 俺にはよくわからない。

 夜、ケーブルテレビで「ショーガール」をやっていた。
 躍動しすぎる肉体美は時として笑えるという事を発見した。

タイトルとURLをコピーしました