星野仙一の師

 朝、実家で朝飯を食っていたら、母がいきなり能面を持ってきた。
 「これ飾りたいんだけどどこがいいかしら」
 それは翁の面だったが、目の部分の空洞がなにかの暗黒を表しているみたいに思え、大層おっかなかった。
 「昨日飾ってたんだけど、お父さんが夜トイレに行く時に見て、外せって怒ったのよ」
 夜中トイレに行く途中、壁に能面が掛かっていたらそれは驚くだろう。

 ヘミングウェイの短編集を読む。
 新しい訳らしくて読みやすかった。
 翻訳物は時代が変われば訳も変わるから、オリジナルよりも寿命が長いかもしれん。
 たとえば源氏物語は、古語で書かれた原文を日本人が読むより、英語訳をイギリス人が読む方が、とっつき易いかも。
 ということはだ。
 作品が時代を越えていくための十分条件の一つに、外国語に翻訳されることがあげられるかもしれない。

 昼、本屋で星野仙一の本を立ち読みした。
 明治大学の島岡監督とのエピソードですごいのがある。
 ある試合で大敗を喫した。
 その夜、島岡監督は4年でエースの星野に、
 「夜、パンツ一丁でグラウンドに来い」
 と命じた。
 星野は言われたとおりにパンツ一丁でグラウンドに行った。
 島岡監督もパンツ一丁で星野を待っていた。
 「これからグラウンドの神様にお詫びするのだ」
 島岡監督はそう言うと、パンツ一丁のままでグラウンドに土下座を始めた。
 鬼の島岡がするのだから星野は同じく土下座するしかなかったがさすがに、
 「このオッサン頭おかしいんとちゃうか」
 と思ったという。

 今現在星野監督に関するレアな情報として、歌が異常にうまいということがある。
 監督をしていなかった95年頃、和田アキ子の番組に出て一曲歌ったのを見たことがある。
 マジで、かなりうまかった。

 夕方、和田で稽古。
 公園と住宅地を抜け、わかりづらい所にある地域センターだった。
 ただし杉並区らしく設備は妙にきれいで、時間は9時まで。
 杉並区は金があるのか?
 杉並区は夜が早いのか?

 雨が降っていたのでマラソンはせず。
 しかし久保田くんがタップを教えてくれたので、そのステップを繰り返すことで汗を流す。

 オギノ君、仕事後8時に登場。
 出来ているところを流す。

 帰り道公園でテレビドラマか何かのロケをしていた。
 知ってる顔はなし。

 10時半帰宅。
 シャワーを浴び、釜揚げうどんを食う。

 筋トレをした後でタンパク質補給をするのがいいというので、ゆで卵も作る。
 そういえば今日は一日中眠かった。
 疲れとか色々たまる週半ば。

タイトルとURLをコピーしました