演劇人と公僕の戦い

 またしても朝5時に起きて実家の居間をうろうろしていた。
 昨日と違って今日は突然覚醒した。
 「わっ!まだ5時!」
 って感じだ。
 急いで寝直すが7時に起こされ朝飯を食った。

 不規則な睡眠が祟って夕方まで体の調子がおかしかった。
 つまりそのくらい睡眠の取り方が下手だったのだ昨日は。

 夕方永福町で稽古。
 先週の土曜日以来走ってないので、雨がやんでいる隙に方南町までマラソンする。
 やはり汗をかかないと充実感がない。

 永福町の稽古場はなぜか騒音に厳しく、足音を立てると管理人のおじちゃんおばちゃんに文句を言われる。
 大きな声も出せないらしい。
 今回みたいな芝居の稽古場としては甚だ不都合が多い。
 小金井の某F会館みたいだ。あそこもエリツィンそっくりの管理人が演劇人を憎んでいる。

 そんな中、ダンスの稽古をした。
 ラストシーンになるのだが、人数が多いので整理するのが大変だった。
 が、ようやく稽古らしい稽古が出来たように思う。

 9時半に稽古終了後、外で明日の予定を報告していたら、管理人のおじちゃんに「早めに解散して下さい」と釘を刺された。
 どうも永福町の稽古場は演劇人にとって鬼門であるようだ。

 解散間際、おかだようちゃんが差し入れてくれたおにぎりをもらう。
 有り難い。
 おにぎりとか、海苔巻きとか、いなり寿司とか、ちらし寿司とか、サンドイッチとか、唐揚げとか、おこわとか、コロッケとか、たこ焼きとか、焼きそばとか、そういった差し入れは一番嬉しい。なんだか「年が越せそう」な気になる。越しても意味はない時期ではあるが。

 11時帰宅。
 最近、なめくじをよく見る。
 こいつらは一体俺がいる時にはどこに隠れているのだ。
 一日部屋を留守にすると、必ずわきやがる。
 卵があるのか?
 どこかに隠れているのか?

 そういえば昼に公園で弁当を食った時、いつの間にか大量の蚊に周囲を囲まれていたが、こいつらはいつどこからわいてきたのだ。

 あと、夜中コンビニに行く途中時たま路上で見かけるでかい蛙は、どこでそんなに大きくなったのだ。

 これらの謎も命の神秘として片づけていいのか。

タイトルとURLをコピーしました