風呂場をのぞきたいと思った日

 梅雨の晴れ間に乾いた空気を感じられるのは幸せなことだと思う。
 去年気づいた。
 梅雨の晴れ間は蒸し暑いものだと、それまでの梅雨体験で刷り込まれていたから、去年味わった梅雨時の乾いた空気はことのほか快適だった。
 今日はそんな空気を感じることができて幸せだ。

 夜7時帰宅。
 急に食べたくなったたこ焼きを食べた。
 8時半からジョギング。

 連雀通りを恋ヶ窪まで走り、府中街道を南下して武蔵国分寺跡からお鷹の道に入る。
 先週は夜の11時近くに走ったため、滅茶苦茶怖い思いをした。
 だが今日は夜の9時台だ。
 少しはマシだろうと思った。

 ところが、全然マシじゃなかった。
 武蔵国分寺跡からお鷹の道に入る場合、いきなり墓場がある。
 卒塔婆が風に吹かれてガタガタ音を立てる。
 新田義貞が鎌倉攻略の際、府中、小金井、国分寺あたりで大いくさをしたらしいが、その折りに殺されて野辺に捨て置かれた無辜の民や兵士の霊が、武蔵国分寺跡に集結しているように感じる。

 「すんません。失礼します」
 とりあえず謙虚になるのが第一だと思い、ペコペコ頭を下げながらお鷹の道に入る。
 周囲は真っ暗だ。
 道の脇の流れに目を凝らすが、蛍は見つからない。
 (本当にいるのだろうか?)
 流れに目をやると、水かさが少なくなっており、ほとんど枯れそうな状態だった。

 窓から人家の明かりがさしているところに出た。
 人気を感じられるだけで十分ありがたかったが、そこを過ぎればまた暗闇が続く。
 思わず足を止めてしまった。
 進むも地獄戻るも地獄。
 その時、人家の明かりから、水を流すような音が聞こえた。
 どうやら、風呂場らしかった。
 そして、若い女が、なにやらハミングする声が聞こえた。
 (まずい、このままここにいたら、のぞきだと思われてしまう)
 すると、女は歌い始めた。

  輝くしーろいー恋のはーじまーりはー
  とてもーはーるかー遠く昔のことー

 よりによって、トモちゃんかよ。
 歌は続いた。

  にゃにゃにゃにゃにゃーにゃにゃー
  どんなときーでもー

 英語部分は「にゃにゃにゃ」かよ。
 力が抜けてしまった。
 そして、心の底から思った。
 今、オレ、風呂場、覗きたい。

 もちろん覗けるわけもなく、ジョギングを続けたのだが、道に入った時に感じていた恐怖は霧散していた。
 うちに帰ってからもなぜか、とても幸せな気分だった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。