結婚式

 朝7時起き。
 歯を磨いて、礼服やその他の荷物と地図をチェックしてから車に乗る。
 式場は静岡駅に隣接したホテル。
 新幹線で行こうかとも思ったが、重い荷物を持って東京駅まで行くのが嫌で、車にした。
 東八道路、鎌倉街道、町田、246のルートをとり、高速を使わず下走りで沼津を目指す。
 天気が良かったら湯河原あたりの海が見えるルートを辿りたかったが、あいにくの曇天だったので、246で御殿場を通って沼津に出た。

 10時過ぎに沼津着。
 西友で朝飯でも買おうと思ったが、どれもこれも高かったので何も買わずに外に出る。
 そのまま国道1号を走り静岡へ。

 披露宴の開場時間が3時半だったのに、静岡駅には12時に着いてしまった。
 時間が余ったので、近くの安倍川に行き、川を眺める。
 朝から何も食べていないことに気づき、コンビニに行き、金ちゃんヌードルというものを買って食べる。
 東京には売ってないカップ麺で、なかなかおいしかった。

 2時40分頃にホテルの駐車場に車を泊める。
 ドレッシングルームで着替えて式場控え室に行くと、大学の時望月と同期だった木村夫妻がいた。
 3人で話しながら披露宴の始まりを待った。

 シャンペンで乾杯してから、同じテーブルにいる木村夫妻、竹内君、中山君と四方山話。
 望月夫妻の新居は、かおりちゃんの実家のすぐそばらしい。
 静岡出身のかおりちゃんに、さっき食べた金ちゃんヌードルの話をしたら、
 「ああ、あれ、関西方面のなんですよ。静岡までなら売ってるんですよね」
 とのこと。
 横にいた木村は、
 「西の方ではCMもちゃんとやってるんだけどな。なんで東京では売らないんだろう」
 と言っていた。

 ケーキカットの後、スピーチの順番がまわって来た。
 車中で考えたエピソードの断片をつなげつつ、なるべくゆっくり話す。
 久しぶりに舞台に立つのは気分が良かった。
 別に舞台じゃないんだが。

 望月が教えている子供たちが、お祝いに合唱をした。
 私立の、お坊ちゃんお嬢ちゃん学校の子供たちが、いかに愛くるしく行儀がいいのかがよくわかった。
 母親が子供を私立に入れたがるわけだ。
 昔通っていた江戸川区のトラウマ小学校で身につけるのは、相手の皮膚に鉛筆を突き刺して芯を折るといういじめの仕方や、先生や親にばれないリンチの技術や、いじめのターゲットにならないために別のいじめターゲットを見つける方法くらいなもんだった。
 そんな環境からマイク・タイソンは輩出できても、ノーベル平和賞受賞者は誕生しないだろう。

 子供たちの歌が終わった頃から、中山君が『出し物』の準備のため姿を消した。
 かなり経ってから、劇団漠友人一同の出し物が始まった。
 中山君は女装して歌を歌っていた。
 そして、プロジェクターで望月の、劇団漠時代の舞台姿を映し、全員で同じ踊りを踊った。
 望月夫妻はニヤニヤして見ていた。
 中山君の席に置かれたシャーベットは完全に溶けていた。

 新婦の神田さんが、ご両親への手紙を読み、式は感動的に終わった。
 よくまとまった、いい結婚式だった。

  050619a

 披露宴が終わり、2次会をホテルの下のフロアで行う。
 アイスコーヒーを飲みながら、木村夫妻の子供と遊び、鏡田君と演劇制作の真面目な話をする。
 鏡田君の『取材する側』の意見は、大変面白かった。

 9時に2次会が終わる。
 酒を飲まなかったので、いつもより真面目な話ができてよかった。
 望月夫妻と挨拶し、漠の面々と駅前で別れる。

 中山君と村川さんを乗せて東京方面に戻る。
 時間を考えて高速を使う。
 車中、中山君と演劇制作や劇団の運営について色々話す。

 11時50分頃に国分寺到着。
 車を返し、12時半に帰宅。
 シャワーを浴び、荷物を整理して、台所の洗い物をする。
 週末忙しくして、色々な人と話をしたせいで、少し前のどんよりとした気分が晴れたような気がする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました