30センチ以下の小さいシーバスしか釣れず

7時過ぎ起き。
朝飯に、バタートーストとメープルシロップ。

水耕トマトの水足しをする。天気は曇り。日の当たる時間がどんどん短くなっているので、曇りだともったいないと思う。

サイト更新を11時までやり、家を出る。自転車で中野へ。
『大勝軒』で昼飯につけそば食べる。

西葛西へ。車中、『存在と時間』1巻読む。これがあるために、この夏は本を全然読まなかった。

1時半、実家へ。
コーヒーを飲み、ルアーを整理し、2時半に外へ。自転車で旧江戸川に向かう。
来週末は台風が来るらしく、釣りにならないと思ったので、今日は行っておこうと思った。

雷の突き当たりから河岸に下り、ほんの少しだけ上流に行き、そこに陣取った。シーバス釣り最盛期ということもあって、釣り人が50から100メートル間隔で釣りをしていた。

無難にバイブレーションを中心にルアーを投げる。川面にベイトの気配はまったく感じず。しかし、キャスティングはだいぶマシになってきたなあと思う。以前はひどいものだった。まっすぐに飛ばないばかりか、勢い余ってその場にボチャンと落ちたり、糸をリリースするのが早過ぎて右側に大暴投したり。

4時前後から急にボラが跳ねはじめ、目の前の広いゾーンがボラだらけになってしまった。
ルアーを色々変えた。

小さいバイブレーションを引いていると突然アタリがあった。しかしすぐに、小さい魚がかかったとわかった。あげると、30センチに満たないシーバスがかかっていた。セイゴクラスだ。しかもスレ掛かりだった。
前回、河口付近でやったときもボラがスレ掛かりした。その時よりも『食った』感じではあったが、いかんせん小さかった。

その後もバイブを中心に投げるが、アタリはなかった。ライトを持って来ていなかったので、マズメから7時台の満潮まで釣る気はなかった。手元がまだ見えるうちにと思い、5時半に納竿した。

6時、実家帰宅。夕食に、さばの缶詰め、野沢菜食べる。

8時に実家を出る。疲れていた。中野まで東西線。半分くらい座席でうとうとしていた。

中野から自転車で9時帰宅。

ボラの群れがジャンプする現象について調べた。シーバス釣りをしていてボラが跳ねると、シーバスが釣れなくなることが多いらしい悠長にジャンプできるということは、シーバスがいないからだという解釈もあるが、一方で、ボラの下の層にいるシーバスを狙えるという意見もあった。
今回釣ったポイントの場合、下の層を狙えるほど水深は深くなかったし、シーバスのボイルも見られなかった。いたかもしれないが、それ以上にボラの数が圧倒的に多かった。

12時就寝。

タイトルとURLをコピーしました