疲れが自由にする体

 江古田にて稽古。
 この稽古場を使うのは4年ぶり。

 ゲンのいい稽古場と悪い稽古場がある。
 江古田は悪い方だ。
 が、小金井の某稽古場よりはマシだ。

 某稽古場は、旗揚げ公演からよく使ったのだが、原因不明の吐き気におそわれて、トイレで吐いたことが2回ある。
 気まずい思いをしたり、憂鬱になったり、そういう思い出と結びついている。

 6時前に江古田着。
 ラーメン屋で夕飯を食い、稽古場で久保田君に教わった基本タップを20分やり汗を流す。
 腹筋・背筋・腕立てと、最近はジョギングより筋トレ重視の生活だ。
 アップ時間は限られているから、そんなに長くは走れない。

 鶴マミ・綾香のシーンを稽古する。
 前半で一番重要なシーンをやる。
 二人は今回、子供の役を演じるのだが、駆け回り飛び回らないといけない。
 体力勝負である。
 鶴マミにとって、マグネシウムで出演した過去作品のどれよりも、運動量は多いのではないか。

 本来なら、このシーンだけで5時間くらい延々と稽古したいくらいだ。
 2時間くらい動けば、頭がバカになり、頭で体を動かしている感覚がなくなってくる。

 昔、発表会のために4ヶ月もほぼ毎日稽古したことがあるが、あの時がそうだった。
 脳が、疲れを自覚することに疲れ、突然体が自由になる感じ。
 いつまでもゲラゲラ笑っていられそうな感じ。

 だが、そうなる前に気持ち悪くなってしまうこともある。
 疲労の限界に達するための体力がないとそうなる。
 限界前に、脳がギブアップするのだろうか。

 鶴マミ、綾香のシーンで1時間費やしたが、まだまだ追い込みがたりない。
 が、動きから少しずつ理屈が減っていきつつあるようだ。
 駄目出しはするが、動きをつけることは控えめにしている。
 そのシーンを生きる経験を、今はとにかく積まなくては。

 10時稽古終了。
 バスで中野へ。
 11時帰宅。

 最近、顔にじんましんが出る。
 酒のせいかストレスのせいか知らんが、内臓からきているのだろう。
 公演が終わったら、3日間断食でもしようか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。