酒池肉林

昼、西荻のでるぱぱでランチを食べる。
量は多くなかったのに、デザートを食べる頃には腹いっぱいだった。

いったん帰宅し、コーヒーを飲んでから図書館へ。
予約していた本と、ジョージ・ハリスン、フレディー・マーキュリー、60年代ロックの本借りる。

外は風が冷たかった。
2月よりも寒いんじゃないかと思った。

フレディーの本はすぐに読み終えた。
派手だったパーティーの内容が書かれていた。
裸の男女が給仕やマッサージをしてくれたそうだ。
『サテュリコン』を連想した。
東洋人にとっては、なじみの薄い世界だ。

夜、キムチチャーハンを食べる。
肉なしだが、まずまずの味だった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。