70年代の匂い

朝、走るために目覚ましをセットしていた。
7時過ぎに起き、親子丼を食べた。
消化が済んでから走ろうと思っていた。
だが、二度寝になってしまい、予定していた9時に起きられなかった。だらしない。

結局走らず、そのまま正午を迎える。

昼2時、ウエストエンドスタジオにて、トシさん客演の芝居観る。
終演後、劇場入口で一石くんと真理菜ちゃんに会う。

御徒町へ移動。
久しぶりに「えぞ菊」で味噌ラーメン。
味覚との相性が良いため、いつ食べてもがっかりすることがない。

アメ横にてランニングシューズとウェア買う。
シューズは普段履く靴より1センチ大きめ。
一昨年は0.5センチ大きめにしたら、途中で両足に豆ができ、親指の爪も死んだ。

6時前に王子へ。
PRONTOでコーヒーを飲む。
店員の女の子がかわいかった。

7時半から王子小劇場にて、菅間馬鈴薯堂公演観る。
出てくるすべての役者さんが、同じような声のかすれ方。
そこにいない人について熱心に会話をするところで、竹内銃一郎作品を連想した。
野田秀樹登場以前の、70年代小劇場演劇を見ている気分になった。

10時半帰宅。
ジョギングはなし。
明日は死んでも走る予定。

コメント

タイトルとURLをコピーしました