アメージング・ジャーニー

新しいデジカメを買ったので、古いデジカメはいらなくなった。
電源ボタンを入れると、液晶はつかないが、電源ランプはついている。
動作もきちんとする。
液晶のバックライトが点灯しないだけのようだ。
どうせ捨ててしまうなら、中身がどうなっているか確かめてみようと思い、精密ドライバーで分解してみた。
小さいビスのサイズはすべて同じで、思ったよりも簡単に外側のケースを外すことができた。
液晶の端にコードがあり、基盤につながっている。
見たところ、接続に問題はなさそうだった。

蓋を閉じ、電源を入れてみると、今度は動作音がしなくなってしまった。
接続部分をどうかしてしまったのだろうか。
『無能の人』の主人公を思い出す。
壊れたカメラを分解しているうちに、シャッターの仕組みを覚え、中古カメラ業を始めたのだった。

スープカレーを作る。
茄子とピーマンを買ってきて、家にあるあり合わせの材料を足した。
スープであるというところがポイントだと思う。
うま味をどこから持ってくるかということだ。
レシピを調べると、鶏ガラでスープをとるものが多い。
だが鶏ガラスープを作るのは時間がかかる。
鶏肉を茹で、かつおの出汁を加えるという方法が、今のところ一番手軽だ。
脂っこくならないのも気に入っている。

夜、スープカレーとライスを食べる。
昼飯を食わなかったのでとてもお腹が空いており、一息に3杯食べてしまった。
茄子がうまい。

THE WHOのドキュメンタリー映画『アメージング・ジャーニー』DVDで見る。
ジョンが死に、じじい二人組みになってしまったTHE WHO。
だけどロジャーは昔と変わらず、太い腕をぶん回す。
それはまるで傷心のピートを守っているように見える。
昔も今も変わらないのがロジャーの良さだ。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました