カンヅメ初日

8時半起き。
本や過去台本、ノートパソコン、着替えなどを、キャリーカートに積める。
10時前に家を出る。
10時半前に三鷹へ。
かいじ号に乗り換え、甲府行き。

12時過ぎに甲府着。
ホテルのチェックイン時間が午後3時だったので、ゆっくり昼飯を食べることにする。
南口にある『川長』という鰻屋へ。
櫃まぶしを頼む。
注文してから30分ほどかかるとメニューに書いてあった。
思ったより量が少なかったが、普通の食べ方、薬味乗せ、茶漬けと、一通り味わえた。

地図で調べたところ、湯村温泉までは歩いておよそ3キロ前後だった。
バスを使わず、歩いてみることにする。
昨日降った雪が所々に残っていたが、昼の暖かさのため、日なたの雪はほとんど溶けていた。
日陰になっている歩道にはまだ雪が残っていて、カートを持ち上げなければならなかった。

2時に湯村温泉郷へ。
人通りはほとんどなく、鄙びた印象。
子供の頃にやっていた水谷豊主演のドラマ『あんちゃん』を思い出した。

ホテルの場所を確認してから、チェックイン前に温泉街を歩く。
いい感じに鄙びていた。

3時前にチェックインする。
荷物を解き、部屋の机にノートパソコンや手帳、ノート、その他必要な物を並べる。
自分の家で使っている机とサイズが似ていた。
奥行きがそれほどなく、横長。

夕方まで本を読む。
チェーホフ『三人姉妹』の要素をどこかに入れられないかと、文庫本を持ってきていた。
久々に読み返すが、細かい部分を覚えていなかった。

6時に外出。
『龍巻軒』という中華食堂で、モツ煮丼とラーメンのセットを食べる。
近所の子供が餃子を買いに来ていた。
晩ご飯のお使いだろう。
店は満席で、おばちゃんがてんてこ舞いしていたが、それがこのお店の常態なのだろう。

モツ煮丼はけっこう汁だくで美味しかった。

ホテルに戻り、あらすじ書きの続きをやる。
芝居ではなく、舞台背景の説明に何行も費やしている。
主人公の父親の話とか。
でも、そういう作業をたっぷりやってから台本そのものを書いた方が、後々楽になる。

夜の12時過ぎに作業を切り上げる。
大浴場へ行き、温泉とサウナに入る。

部屋に戻り、ヱビスビールを飲みつつ、明日のスケジュール立て。
3時就寝。

コメント

タイトルとURLをコピーしました