WORLD ORDER ライブ観る

8時過ぎ起き。
寝過ごした。
大急ぎで支度をし、9時ちょうどに仕事場へ。

午前中、昨日考えたアイディアを実行に移す。
ユニオンクエリを廃止。代わりに全テーブルを格納したデータベースを作り、そこを覗きに行く。

昼、「味咲家」へ。
混んでいた。
4人掛けテーブルで、二人組、ひとり、ひとりという、3組相席で座り、ミックスフライ定食を食べた。
可もなく不可もない味だが、安い方だ。

シェイクスピア「ヴェニスの商人」読む。

休憩中、父から電話。
実家の古い一体型パソコンを廃棄しようとしたが、型が古すぎてリサイクルで扱っていないとのことだった。
明日帰って、オレが手続きをしてみると伝える。

5時半に仕事をあがる。
WORLD ORDERのライブを観るため、りんかい線で東京テレポート駅へ。
Zepp Tokyoに着く。
入口は混んでいた。
客層は女性が8割くらいだったが、どうも様子がおかしい。
整理券順の入場と係員が叫んでいるが、自分が持っているチケットにその番号はない。
待てよと思い、チケットをよく見ると、会場はZepp Divercity Tokyoだった。
急いでパレットタウンを脱出し、ダイバーシティ東京へ。

6時45分に無事客席へ。
舞台は緞帳が引かれている。
その間から須藤元気が顔を出し、客席に笑いが起きる。
開演のMCの後、音楽が流れ、パフォーマンスが始まった。

曲はほとんど知らなかった。
コンサートというより、ダンスのライブパフォーマンスといった感じだ。
何曲かやっては、須藤元気が気さくに喋り、また曲をやるという構成。
途中から背景のスクリーンに映像を映し、舞台上とスクリーンで同じダンスを見せた。
舞台上だとわかりにくい効果が、正面から撮影した映像だとよくわかった。

後半になるにしたがってダンスは複雑になっていった。
歓声やどよめきが出るのではなく、息を潜めて見守り、終わった後拍手をする、そんなライブ観戦だった。

2時間弱でライブは終了。
とても美しいパフォーマンスだった。
今年は紅白歌合戦に出るんじゃないかと、脈絡もなく思った。

寄り道せず10時帰宅。
玄米がゆを作り、さばの水煮、キムチと一緒に食べる。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました