突き飛ばす夢

明け方、ベッドの両脇に誰かが寝ていた。
体は、軽い金縛りにかかっていて動けなかった。
そのうぢ、片方のやつが上からのしかかってきたので、両腕を前に出し、
「おらあ!」
と叫びながら突き飛ばした。

そこで目が覚めた。

7時まで二度寝する。
起きてから、DM文面とチケットを印刷する。

朝の夢は、自分に取り憑いていたものを振り払うようなイメージだった。
悪いものを追い出したように感じられ、珍しくさわやかな気分で仕事に向かった。

昼、ラーメン神田店で昼飯。
昔、ラーメン二郎神田店だった店らしい。

午後、Cさんと話す。
オレの一週後に入ってきた人だが、仕事があまりにも暇なため、契約更新はしないつもりだと言っていた。
オレが忙しいのはなぜだろう?
背景に不安感があり、がむしゃらになっているからかもしれない。
オレだって、研修らしいものはほとんど受けておらず、業務についてはいまだによく知らないのだ。

でも、勉強になっていると思うし、暇で神経を参らせるよりはいい。

とはいえ、忙しいのと、仕事で疲弊し尽くすのとで、平日に台本を書く時間はほとんどない。
そういうことも計算に入れて、やっていかねばならないということだ。

夕方、大宮で稽古。
DM作業を全員で一気に終わらせる。

台本は半ばに差し掛かっている。
当たり障りのない過去を色づけして、面白くしていこうとする場面。

10時帰宅。
フランクフルトと、フォー食べる。
フランクフルトは業務スーパーで買ったやつだが、あまり美味しくなかった。

『ローマ人の物語』38巻読了。
背教者ユリアヌス登場。
大学1年の時、ゼミの夏合宿、発表のテーマに選んだ皇帝だ。
どんなことを発表したのかは、まるで覚えちゃいないが、蛮族相手に軍事面で健闘したということは、その時題材にしていた論文にも書いてあった。
末期のローマで唯一、語るに足る皇帝ということかもしれない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。