お肉ちゃん達を統括する筋肉先輩

5時半起き。目覚ましをセットしていなかったのにその時間に起きてしまった。

10時、先生宅で稽古。色々褒められて、心の中で「わーい」と叫ぶ。

ドラッグストアでコーヒーなどを買ったが、やはり美人さんはいなかった。もう一人、日曜や平日夜に入っている、元・睫毛エクステやりすぎさんも最近見ない。二人とも三年前から働いておったが、学生だったらそろそろ卒業でバイトをやめる頃だ。悲しいが仕方がない。しかし、エースと四番両方が引退してしまうと、この先どうなってしまうのだろうと心配になる。店じゃなくおれが。

昼、うどんを茹で、桃屋の少し辛いラー油と卵をかけて食べた。『たまむすび』月曜放送で紹介していたレシピ。放送ではうどんを冷水で締め、卵は卵黄を使っていたが、あらかじめ全卵とラー油を混ぜておき、茹でたてのアツアツうどんを絡めたら、油そば風になって美味かった。

近所の公園で梅観察をする。満開直前になっていた。

夕方、サミットへ買い物。赤ワイン、ブルーチーズ買う。久しぶりにブルーチーズで赤ワインが飲みたかった。

お腹がやたらに膨らむ。食べ過ぎてるわけではないし、運動的には日々自転車で往復20キロ以上走っている。
何でだろうと思いつつ、昨日と今日しっかり腹筋を鍛えると、凹んできた。年を取ると有酸素運動よりも筋トレをした方が体が締まるということだろうか。

20代の頃は、たとえば稽古前のトレーニング時にはあまり走らず、筋トレをする時間の方がはるかに長かった。走るようになったのはミソジーになって以降だ。「若いもんと同じ訓練を受けるには筋力ではかなうまいから、より長い時間の訓練に耐えられる心肺機能を身につけよう」ということを、漠然と思っていたような気がする。

結局、それ以降、体を鍛えようと思ったときは走るばかりになった。ジムに通っていた時も、筋トレはしたけど、クロストレーナーや水泳が中心になった。有酸素運動信仰みたいなものが自分の中にできていたんだろう。

そういえば昨年の夏、走ってはバテ、信号が赤でホッとする体たらくだったのに、腹筋をした次の日に走ったら息がもったことがあった。いや、その時はその前に走った時にダッシュ走をやって心拍数を上げたのが効いたのだったかな?

筋トレといっても、バッキバキに鍛えたいわけじゃない。おれは肩幅が狭く顔面がでかいので、なんというか、バランス的にはどうぶつの森に集まる感じのフォルムに近く、筋肉を鍛えても映えないのである。

しかし、おそらく最近お腹が膨らんでいたのは、運動不足や食べ過ぎで脂肪がついたというよりは、単に筋肉がたるんでいたからだと思う。それで、お肉諸君が「ひまだねー」とか言いながら、重力に逆らうことなく集まって、だらーんとしていたのだ。

4月末に性懲りもなくフルマラソンにエントリーしたので、そろそろ走り始めなくてはいけないが、今回はそれ以外に、きちんと筋トレもしようかなと思った。同じ体重で走るんでも、お肉さんたちを筋肉が「おめーら、ビッとしろよな」と仕切ってくれた方が、走っていても気持ちが良いと思う。

夜、ブルーチーズを食べ、赤ワインを飲んだ。この組み合わせが一番好きかもしれない。

『クイーンズ・ギャンビット』四話見る。
ベスのメキシコ行き。母も一緒。母は昔文通していたという男性と再会。いちゃいちゃする。でも酒量増える。
ベス、ソ連のプレイヤーと対戦し敗北。
ママ、いちゃいちゃしつつ、バカンスを楽しんでいたが、黄疸が出る。
ベス、ママの夫に電話。いちおう義理のパパになるのか。そっちで何とかしてくれとパパは言う。薄情。
帰りの飛行機でベスはママが飲んでいたカクテルを飲む。涙。続く。

『大鹿村騒動記』を見た。何度も見ているが、時々見たくなる。岸部一徳さん、こういう芝居をするのは珍しい。

その後、『レディ・バード』『歩いても歩いても』など、好きな映画の好きな場面を12時過ぎまでちょっとずつ見て、就寝。

コメント

タイトルとURLをコピーしました