納骨の予定

6時起き。
ハンモックを畳んでしまい、ブログを書く。
朝飯に、ご飯、ほうれん草の味噌汁、かぶのぬか漬け。

自転車で現場へ。蒸し暑かった。

午前中、先週とりかかった作業の続きをやり、新ツールに機能を追加し、アントさんに見せる。
その後、明日から変更になるデータ仕様を確認。

昼、『Pit』でラーメン。やはり今日は蒸し暑い日なのだと、汗で確認した。

休憩スペースで十数分仮眠をとり午後の作業へ。明日のデータ変更の準備をする。それを終えると、あとは明日までにやることはなくなった。

夕方実家へ。夕食にオムレツ食べる。

納骨について母と話す。
母は四十九日を待たずに納骨がしたいという。理由は、部屋にお骨があると怖いからだという。
なぜ怖いのかは精神的な問題であろうから、無理をさせても仕方がない。怖いものは怖いのだ。重要なのは、生きている人間の精神がお骨で脅かされてはならないということ。
なので、おれは別に四十九日を待たなくてもいいと答えた。
ただ、妹は、もし母がだめなら自分の家に四十九日まで引き取ると言っているらしい。そうなってくると、母と娘の対立構造にすり替わってしまうので何も言えない。妹の家に骨を一時的に移せば母の心中が穏やかになるのであればそれでいいが、母によるとそれじゃダメらしい。

話しているうちに、「もし四十九日を待たないで納骨したら後悔するかも」と母が言い出したので、「だったら四十九日まで待ちなさいよ」と答えた。「このままずっとお骨を置いておくわけじゃないんだし、四十九日なんてすぐだよ」

入浴し、アコレでレモンサワー買ってきて飲んだ。飲みながら、『貴ちゃんねるず』を見て、『たまむすび』の昔の放送を聞いた。
酒量が増えてきている。平日は飲まないようにせねば。

1時就寝。

タイトルとURLをコピーしました