体調悪かった

7時起き。朝食に、鮭、納豆、大根おろし、なめこの味噌汁、こんにゃく煮物、ご飯食べる。外はいい天気。ご飯も美味しいはず。しかし、体の具合が良くなかった。気温の変化が激しすぎるからだ。季節の運転手は新人か? 桜の開花前にも雪が降ったし。そういうフェイント能力は日本代表に分けて欲しい。

8時前に家を出る。東西線が混んでいる時間帯だった。竹橋で降り、自転車で内堀通りから新宿通りへ。風が気持ちよかった。しかし体調はすぐれず、息が上がり、足も重かった。

9時過ぎに初台へ。コンビニでコーヒーを飲み、スマホを見て、音楽を聞く。よく行くコンビニは二つあり、一つはインド系きらめき美女がいて、もう一つは痩せ型の笑顔の素敵なシャパニーズねえさんがいる。今朝入ったのは和ねいさんのところ。

午前中、体調はずっと良くなかった。昨日実家に帰り、自転車を竹橋に止めていたから出勤したが、そうでなかったら休んでいる。

テスト手順書と仕様書を作り、旧ツールと新ツールで同じデータを使って動作の確認をした。

昼になったもお腹が空いていなかった。昨夜食べた牡蠣のオイル漬けに中ったか? いや、症状が出るのが早過ぎる。

昼食に、野菜サンド、コロッケ、ゆで卵、納豆巻き食べる。野菜ジュースも飲んだ。
『うほほいシネクラブ』読む。兄からタルコフスキーの「ストーカー」を送ってもらったが、かつて「ソラリス」を観てへこたれた経験があったので、なかなか観られずにいた内田先生だったが、芸術映画を観ても大丈夫な気分の日に意を決して観てみたら、やっぱりだめで、兄ちゃんごめんと謝る回が、大変面白かった。いい兄弟。いい映画の楽しみ方。内田先生はよき映画ファンだなあと思う。

午後の仕事前に10分ほど仮眠をとった。けっこう長く眠ったような気がした。

今朝の最低気温は10度を下回ったらしい。が、午後の日差しは窓際を明るく照らし、西日感を着実に醸成しつつある。たぶん気温はそれほど高くないのだろう。24度くらい? でも、明け方9度からだと上がりすぎだ。東京砂漠。

遠くから聞こえてくる女性オペレーターの会話が、頭の中に響いた。
「自称、長谷川博己が来るってんで、理想長谷川博己のわたしは、どーれ、って感じで待ってたの」
「指をポキポキならして?」
「鳴らさないよ」
「どうだった?」
「本人が勝手に言う分には法律違反じゃないから」
「ああ、そのレベル」
「あんたはどう?」
「細くて草食系で、美しい顔の子が好き。結婚するのとは違う。美しい顔の子は、デザートだから」
「デザート? ティラミス?」
「違う」
「なによ」
「うーななんだろう、すっげえ高いチョコ」
「ゴディバ」
「そんなんじゃなくて、あんじゃん、一粒4000円くらいの」
「あー伊勢丹にあった」
「食べたことある?」
「ある」
「どうだった?」
「苦っ」
「普通だ。普通の感想」
「えーでも、それイメージ違くない? 草食系の美しい顔の子が4000円チョコ?」
「でもそういう子って頭悪いよね。なんべんも同じこと聞いてきたり。んー、何回同じこと聞くんかなー? それさっきも聞いたぞー、みたいな」

電気グルーヴの昨年のツアーDVDが発売される。予約した。オープニング「人間大統領」の映像と、ジャケットのアートワークにやられた。
電気グルーヴのライブDVDの副音声は、高校時代の「卓球くんの部屋」だと思って聞くと、なんて贅沢をしているんだろうという気になる。

日常業務がふってわく。ツール作り脳をドキュメント作り脳にしていたところへ、業務脳への切り替えは、振り幅が大きく混乱する。それほど忙しくないので助かる。

4時を過ぎると窓際の西日感はいよいよ増してきた。

定時に上がる。なぜか体調は良くなっていた。6時半帰宅。夕食に、ゆで卵、コンビニパスタ、肉団子、ハム、冷凍餃子、なんだか色々を、時間を分けて食べた。
スミノフウォッカを買ったので、モスコミュールを作って飲んだ。映画を観るには酔いが進みすぎたので、代わりに何かコンテンツ感のあるものを観ようと思い、野々村議員の会見ビデオを観て、1時半に寝た。