劇団桟敷童子読み合わせ

 昼の2時から、新宿の桟敷童子事務所にて読み合わせ。
 劇団の方々と挨拶をする。
 主催の東さん、ニコニコしながら、
 「色々、大変なこともあると思うんだけど、きつくてやめるときは早めにね」
 と、ブラックな警告をしてくれる。
 「はあ」
 と、返事する。

 今回の芝居は、風呂泥棒の話。
 23人の海賊達が登場し、その一味をやることになった。
 4回本読みをし、小次郎という役をやることに決まる。
 地下室で4時間も本読みをすると、さすがに酸素が足りなくなってくる。

 南京小僧の米倉さんと、○×のオギノくんも参加するとのこと。
 米くんは来ていたが、オギノ君は来なかった。仕事だろう。
 米くんは、大人たちに囲まれて、キーホルダーのマスコットみたいに、ニコニコゆらゆらしていた。

 稽古後、サイゼリアで軽く飯を食う。
 途中、米倉さんと打ち合わせのために、飯野が顔を出す。

 桟敷童子の鈴木さんは、大学の先輩にあたる。
 米くんは、後輩。
 妙な身内意識が出ないように、己を律していかなくては。

 米くんと小金井まで帰る。
 ワインが回ってきて、何を喋ったかよく覚えていない。
 爆弾発言をかましていなければいいのだが。

タイトルとURLをコピーしました