ゲネプロと、車内で吐いた女

 本番前日。
 ゲネプロがあるので、仕事を12時に切り上げ、劇場入り。

 昼の間は抜き稽古。
 衣装を着て待機しながら、台詞の確認などをする。
 考えてみれば、1週間稽古をしていない。

 大掛かりな装置を作ることができる劇団というのは、近頃珍しいのではないだろうか。
 自前の稽古場を所有するメリットを最大限に生かした結果だろう。

 装置がらみのテクニカル稽古を夕方からする。
 7時ごろ、NHKの人が取材に来た。
 それから、写真撮影のアサカと、ビデオ撮影の赤川さんが来た。
 8時10分より、ゲネプロ。
 装置を組んで以来、初めて役者が演技をした。

 実感として、やはりゲネは怖い。
 確認とフィードバックが目的なので、集中力が分散してしまうことを、改めて認識した。

 10時から客席作り。
 12時近くになって、「途中だけど今日はこれでおしまいにしよう」という東さんの一声で、作業は終了。
 一時的に移動しておいた私服が見つからず、往生する。
 ようやく見つけて、着替え、終電ハンティング。

 地下鉄に乗ってから初めて、メイクを落としてないことに気がついた。
 顔は19世紀イギリスの炭鉱労働者みたいに所々煤だらけという感じ。
 座った座席の向には、酔っ払った彼女を介抱するサラリーマンらしき彼氏が、彼女の吐いたものを片付けていた。
 降りる時、彼女を抱えて降りようとしていたが、彼女の方は全身弛緩でただの肉袋と化しており、おろすまでが一苦労な様子だった。
 後ろから抱えるようにして引きずる形となっていたのだが、ヘソどころかブラジャーが丸見えになったりして、それに気づいて直してやったりなど、本当に大変そうだった。

タイトルとURLをコピーしました