雨の多い週の本番

 たまりにたまった仕事をひたすら黙々と片付けた。
 コピーのし過ぎで手が黒くなった。

 昼休み、所用のために上野へ。
 ついでに昼飯を食おうと思い、アメ横入り口あたりをさすらうが、迷い迷った挙句最もまずい選択をする。
 まあいいさ。たかが昼飯だ。

 午後も仕事人間。
 残業に陥ることなく5時にあがり、新宿へ。

 今週はよく雨が降る。
 普段通りの生活をしている分にはなんということもないが、芝居をしているとそうもいかない。
 色々な方面に影響がある。
 客足とか、受付所作業とか。

 受付は果たしてびしょ濡れだった。
 ビニールシートは何の役割も果たしていなかった。
 まあ、一日降り続けていたのだから仕方あるまい。

 カッパを着て客入れをする。

 20分ほど外に立っていると、体が冷え切ってしまうようだ。
 それなのに本番を迎えるとすぐに汗まみれになる。
 まるで「湯引き」された食材みたいな有様だ。

 本番中、台詞を一ヶ所トチる。
 「五つ数えたら」
 と言うべきところを、
 「五つ数えるうちに」
 と言ってしまった。

 飯野、坂、千保ちゃん、谷中さん、山ちゃん、アサカ、観に来る。
 終演後、劇場で少し飲む。
 オギノ君はこれからバイトがあると言って帰ってしまった。

 10時半帰宅。
 「我輩は猫である」読みつづけている。
 改行が少なく、1ページ読むのに1分以上かかり、そのため結構時間がかかっている。

タイトルとURLをコピーしました