友人知人沢山来る

 11時に小屋入り。
 東さんに言われる。
 「オギノが舞台下で寝てるから、あとで起こしてやって」
 裏に回って舞台の下を除いてみると、確かに一人の男が倒れていた。

 よりによって2日連続の雨であった。
 受付をしていると指先に血が巡らなくなる。
 気温も低く、冬将軍の到来を思わせる。
 そういえば今週の頭には、木枯らしが吹いた。

 松本健、宇原君、あやちゃん、漠の女の子3人、岡本さん来る。
 どこかでコーヒーでもと誘ったが、予定があるらしかった。

 外山さんのお母さんが差し入れてくれたご飯を食う。
 煮物、揚げ物、サラダ、漬物、どれも大変おいしい。
 緑色した小さな実の漬物があった。
 なんと、メロンの漬物とのこと。

 昼寝をしていたら、横岳から電話。
 切羽詰った調子で、
 「ドカさん、あの、予約をした人の受付整理番号は、そのままでいいんですよね? 劇場にやってきた順にはなりませんよね?」
 と、聞く。
 めぐみさんに確認を取り、折り返し電話をし、心配しなくて大丈夫だと伝える。
 「ああ、よかった。ありがとうござ」
 すぐに電話が圏外になった。

 発声をしていた原口さんがおもむろに歌い始めた。
 あろうことか、故・沖田浩之の「E気持ち」だった。
 久しぶりに聴いた。
 しかし、この曲を聴くたびに、沖田浩之の所属事務所は、彼をどういうアイドルに育てたかったのだろうと考えてしまう。
 無茶な歌だ。

 夜の公演は大勢のお客様が来た。
 幸い雨もやみ、傘袋を配る必要がなくなった。
 もし降っていたら、10分くらいおしていたかもしれない。

 横岳、村川さん、中山君、つるまみ、小野さん、山口めぐみちゃん、家城君、おかだようちゃん、臼井さんとそのお母様、その他色々な人が来る。
 臼井さんのお母様から差し入れをいただく。
 この日記をいつも読んでいて、本を選ぶ時間がないだろうというので、なんと、文庫本を3冊!
 宮部みゆきの「堪忍箱」
 柴田よしきの「フォー・ディア・ライフ」
 篠田節子の「弥勒」
 楽しみが増えた。

 終演後、中山君やつるまみらと劇場にて飲む。
 オギノ君は一缶の発泡酒で顔を赤黒くしていた。
 10時半頃までいろいろ話し、辞去する。

 新宿から中央線に乗って帰る。
 村川さん、中山君と一緒。
 芝居の話などしつつ、村川さんの横顔をみて、おや、と思う。
 いつの間にか、なんだか、大人の、色香を、漂わせるように、なったりして。
 思わず車内で腕組みをした。
 今日から、「村川さん」だなんて呼び方はやめて、「ミドリ」と熱く呼びかけるようにしよう。
 とりあえずは、心の中からスタートだ。

タイトルとURLをコピーしました