市川雷蔵劇団

 村松友視「雷蔵好み」読む。
 市川雷蔵へのオマージュ。
 死ぬ直前まで雷蔵は劇団の創設に奔走していたという。
 初めて知った。

 昼、ポテトサラダを作る。
 あと、ほうれん草のおひたし。
 昨日作ったサラダも残っており、なんだかこのところ野菜ばかり食べている。

 夜、武蔵小金井北口の回転寿司にいく。
 しめ鯖が大ぶりでおいしかった。
 帰りにビアードパパのシュークリームを買う。

 ケーブルテレビで「野生の証明」を観る。
 いわゆる角川映画だが、役者は豪華だ。
 当時40代の高倉健は動きがシャープで姿勢も良くほれぼれするほどかっこいい。
 そして脇がすごい。
 大好きな田村高廣、めちゃくちゃおっかない成田三樹夫、笑えるくらい悪い三国連太郎、立ち姿がなかなかかっこいい丹波哲郎、ワニそっくりな館ひろし、もみあげが今の5倍くらいある田中邦衛、角刈りのため「立方体」みたいな頭部をしている松方弘樹、ベタな東北弁をつかう梅宮辰夫、などなど。
 前半を人間ドラマに費やし、後半はアクションのみという構成で、正直なところバカ映画だけど、役者を楽しむという意味で大変面白かった。
 しかし健さんはホントにいい。
 2時間、目がハートだった。

タイトルとURLをコピーしました