本番前の長距離トレ

朝、掻き揚げうどん。昼に焼きそばロールとサンドイッチ。
仕事後、帰宅前に吉牛の大盛。

帰宅後走りに行く。
コースは真北へ。
西武池袋線の踏切を渡り、石神井公園駅近くのガード下をくぐり、北へ。
大泉学園のあたりから埼玉県に入り、川越街道を横断し、東上線をくぐり、新河岸川を渡る橋の手前まで走った。
そこから戻る。
3時間かけ、走った距離は28.6キロだった。
マラソン本番前にしては走りすぎかもしれないが、筋肉はトレーニングした三日後にもっとも回復する。
本番三日前の今日、それだけの距離を走れたのは、走り込み不足の自分にとっては良かった。

走っている途中、久々にランナーズハイを味わった。
川越街道を渡っている頃だったから、すでに10キロは走っていただろうか。
何もかもが心地よく感じられる状態。
悩みも忘れる。
脳内麻薬が大量に分泌されているのだろう。

必ずその状態になるわけではない。
最後まで苦しいと思ったままの時もある。

帰宅後、ホットサンドを作って食べる。
カーボローディングにしては、食事は少なめかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました