ラストへ向かって

 台本を一気呵成に書き上げて、祝杯をあげたい祝日。
 外は梅雨丸出しといった天気。

 パソコンに向かい、書きためた構成メモを片手に台本を書く。
 しかし、一つの思いつきが別の思いつきを産み、話が拡大しはじめた。
 まるで話に意志があって、このままでは終わらせまいとしているようだった。

 夕方、気分転換に買い物をする。
 気分転換以外のなにものでもない買い物だったから、大したものは買わなかった。
 特に欲しくもない豚肉などを買い、塩こしょうで味付けして食べた。

 夜、興奮状態にある脳みそを覚ます。
 このままではまずい。
 別の話がもう一つ出来てしまう。
 膨らむ瘤を押さえつけ、しばし内容物が消化されるのを待たねばならんか。
 祝杯はまた今度か。
 いつになるのだ?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。