プラネタリウムのふたご

『プラネタリウムのふたご』読了。

捨て子のふたご、架空の町、育ての親、途中から別れ別れになる人生、流れる時間、邂逅と死。
豊かな物語に圧倒された。

読み終える寸前、電車の中にいたのだが、泣き男のところがあまりにも悲しく、それ以上読みつづけることができなかった。

稽古場でもその感情は後を引いた。
それはそれとして、シーン作りはするのだが。

本は夜に読了。
夢の遊眠社の芝居のようだった。

内田裕也が逮捕された。
交際女性にストーキング行為をしていたとのこと。
あーあ、とは思ったが、特に驚きはなかった。
若い頃だったら、そんなんじゃ済まなかったろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました