パンク修理

10時起き。
昨夜帰りがけに買ったぶどうパン食べる。

昼過ぎ、自転車を押して荻窪のサイクルスポットへ。
後ろのタイヤがパンクしていたので修理を頼む。
「自然に抜けることもありますから」
と、空気を入れるバルブのゴムを取りかえてもらった。
「お金は結構です。それで様子を見てください」
親切な店員さんだと思いながら、阿佐ヶ谷方面に自転車を走らせる。
ところが100メートルも行くか行かないかで後ろタイヤの空気がへこんできた。
再び自転車を押して店に戻る。
「やはりパンクでしたか。タイヤの表面がつるつるなので、取り替えをおすすめしますが」
買って2年半経つが、まだ2年以上は使えそうなので、頼むことにした。
夕方引き取ることに。

地下鉄で南阿佐ヶ谷へ。
かもめ座にて宇宙キャンパスの舞台を観劇。
知り合いが沢山いるのにダブルキャストだったので、迷った末、真弥君のチケットで入ることにした。
客席で圭三君と隣り合わせになる。
先日見に来てくれた礼を言う。

芝居は工場の独身寮が舞台。
淡々と話が進む。
真弥君の出番はあまりなかった。
少し前に別の芝居の本番があり、掛け持ちをしていたためかもしれない。

終演後、あちこちに散らばった知人に挨拶。
一石君、忍君も見に来ていた。
本番中、客席の冷房が強かったことなどを伝える。

朝にパンを食べたきりだったので腹が空いていた。
南阿佐ヶ谷の大勝軒でラーメンを食べる。

4時過ぎ荻窪へ。
サイクルスポットで自転車を受け取る。
そのまま買い物に行く。
びんちょうまぐろのサク、コロッケを買う。

7時に夕食。
マグロをづけ丼にして食べた。
面倒だったので酢飯は作らなかった。

『デューン 砂丘の子供たち』3巻読了。
続けて『デューン 砂漠の神皇帝』1巻読み始める。
あっという間に半分ほど進む。
ウィキペディアで調べてみたが、自分が持っている『砂漠の神皇帝』3巻の後、さらに二つのシリーズが刊行されたらしい。
作者が亡くなってしまったので、広げた風呂敷をたたむ前に未完となってしまったようだ。
ここまで来たら図書館で借りて、全シリーズ読んでしまおうと思っている。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました