内向期

塩野七生『コンスタンチノープルの陥落』読む。
ずっと前から読みたいと思っていたのに、巡り合わせが悪くて読めなかったもの。
先日古本屋で買った。

朝、コンビニのおにぎりとパン。
昼、「丸重」でひれカツ丼。
普通のカツ丼は安くてまずいが、ひれカツ丼はそれなりにうまい。

夕方、中目黒へ。
花見客のため、駅が混んでいた。
「パンチ」でレバーフライ定食食べる。
昭和40年代からやっている洋食屋で、テーブルに三色ふりかけが置いてあった。
レバーフライは臭みもなく美味。

7時過ぎにウッディシアターへ。
イルカ団の舞台を見る。
受付に由起子ちゃん。

再演作品だったが、見たことがあるのかないのか、判然としなかった。
自分のブログを検索してみると、2008年の5月に見ているらしい。
その時よりも今回の方が重さがあったかもしれない。
渡辺さんはいつものように、空気を読まない呑気な感じの人物を演じていた。
同じ渡辺さんである慎一郎君が主役を演じており、言葉の発し方が嫌みにならない感じがとても好ましかった。

10時半帰宅。

最近、停滞モードにある。
自分の心の動きや、考え方の傾向を分析しながら、内向する日々を送っている。
パソコンも長く使えば、古いファイルを整理したり、ハードディスクのデフラグをしたりする。
つまり、今はそういう時期なのだろう。
割り切りつつ、内向する。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました