首相官邸前デモへ

昼、「鳥どり」で唐揚げ御前。
混んでいて、ホールを仕切っている店員さんが若干切れ気味で2階とやりとりしていた。
カウンターとなりに女子大生二人組。
「経済のテストが」
などなど喋っていた。
日大の学生だろう。

「先輩が電車で席譲ろうとして、おばちゃんに切れられたって」
「マジ?」
「若い子はゆずりゃあいいんだと思ってるって」
「かわいそー」
「どうすりゃいいんだよ」
「ねー」

それはおばちゃんが悪いよ。
若い子は、人口比率もおじさんおばさんじじいばばあより少ないから、この先色々苦労するかもしれないな。

夕方、仕事を定時で切り上げる。
南北線に乗り、永田町方面に向かう。
首相官邸前の原発再稼働反対デモに参加しようと思ったのだが、最寄り駅で降りるべきかどうか迷った。
先週のデモでは、地下鉄の出入り口を一箇所以外封鎖する措置がとられ、かなり混雑していたらしい。
地下で人混みにもまれたまま、終了時刻の8時を迎えるのはイヤだった。

しかし、永田町駅のホームに着いてみると、思ったよりも空いていた。

ここから先は、mixi日記と内容がかぶるので、引用する。

3番出口から憲政記念館前へ向かって歩く。

信号を渡ったところで警官が、
「右に曲がっても行き止まりです」
とアナウンスしていた。
構わず右に行ってみると、
果たして国会正門前で行き止まりだった。

そこで人が溜まっていたので、
「再稼働反対」
コールに参加する。

そのあたりで、今年初めて、蝉の声を聞いた。

道を戻り、六本木通りに出て、
正門前をぐるっと迂回して南側に出てみる。

財務省上の信号は、
おそらく霞ヶ関から続々とやって来る人々でにぎわっていた。
先ほどは北側から正門前に行ったのだが、
南側から行く場合、左手の歩道を行くとファミリーブロックとなっているらしく、
「お子様連れの方はこちらを進んで下さい」
と、誘導ボランティアの人が拡声器で叫んでいた。

デモに子供を連れて行くのは反対であるが、
今回のデモは政治色が極めて薄いもののように感じられる。

5時半までオフィスで普通に働いていた人々や、
学校に通っていた学生達が、
「そんじゃ、行くか」
と、ぞろぞろ集って来たような雰囲気がある。

政権に対して、
「No!」
と強く言いはするけれども、
政治的に何かを画策しようとする意図は、
微塵も感じられない集団が形成されていた。

おじいちゃんおばあちゃん、
おじさんおばさんがいる。
おばあちゃんに警官が、
デモのコースを親切に教えている。

なんだろうこの光景は?

デモはかくあるべしということを、
力強く言えるほど、
我々日本人はデモを知り尽くしていただろうか?

もしかすると、
デモとはなんぞやと言う問いに対する新しい答えが、
今回の集まりにあるかもしれない。

かつて運動家達は、
共に石を投げることを強いることで、
孤立を深め、先鋭化していったような気がする。

今回のデモは、
共に石を投げることを強いていないことだけは確かだった。
運動に方向性をつけるべく、
絶叫調の演説をぶつ人がいたけど、
今ひとつ盛り上がらなかった。

いや、盛り上がってはいる。
集まってるんだから。
でも、その絶叫に対してではない。

施政者側、そして、運動を画策する側、
どちらにもコントロールされず自然発生した感じの、
まったりしたデモ。

自分にとって、
非常に合った、運動の形だった。

施政者側の立場で考えてみる。
ヘルメット、サングラス、マスク、角材で武装した集団が、
拡声器で絶叫してくれるほど、
与しやすいパターンはないだろう。

今日のデモは、
その辺の駅で歩いている市民がわらわらと集まって、
まったりとした感じで、
「さいかどーう、はんたーい」
と不器用にシュプレヒコールしているようなものだ。

だが、今後もそうであってほしいと思う。

暴力的な行動は一際せず、
警官と、
「暑いっすねえ」
と言葉を変わる若者までいた。

これ、弾圧できないだろう。

暴力的手段に訴えようもない、
ぬるっとした集団がゆるい感じで、
「野田政権はいらない」
と訴える声。

暴力的に言われるより、相当、こたえるだろう。

だから首相は今日、
官邸への道を封鎖したのだと思う。
精神に効き過ぎるから。

デモは毎週金曜日、
首相官邸に対して行われている。
参加者はどんどん増えていくと思うが、
デモは集団の数が増えると先鋭化するという先例を、
ものの見事に裏切って、
まったり感を維持したまま、
15万人くらいの規模になって欲しいと思う。

のらりくらりと。
自分の生活第一に考えて。
でも、コツコツと。

今回の官邸デモは、デモを組織して大きな運動にしたいと思う人々にとっては、歯がゆいものだったのではないか。
人が数万人集まり、シュプレヒコールが官邸をどよもし、政権が民の声に恐れおののくような展開にはなりそうもなかった。
警察が通行を制限し、人を分断したせいだと分析する人もいる。
だが、官邸前への歩道がもし封鎖されていなかったら、人の流れが詰まって、交通事故が発生していたかもしれない。
けが人が発生したのは誰のせいかという議論が出てしまうと、本質から大きく外れてしまう。

警察は、現実的に対応していたのだと思う。
というより、ひたすら当惑し、せめて交通事故だけは防がねばと動いていたように見えた。

携帯やスマホで、デモの様子を撮影している人がたくさんいた。
誰もがカメラを持ち、アカウントさえあればtwitterやmixiやFACEBOOKにその写真をアップできる。
Youtubeに動画をあげることもできる。
もしこれが30年前なら、マスコミが大挙して押し寄せたデモでもない限り、あり得なかったかもしれない。

居合わせた人々が、意識することなく<マスコミ>の一部になる。
この場合のマスコミは、報道機関や記者の集合体が擬人化されたようないわゆる<マスコミ>ではなく、システムとしてのそれだ。
シャッターボタンを押す動作に、深い思考の間はない。
反射で押している。
それがいい悪いではない。
いわゆる<マスコミ>もそうなのだろうなあと、改めて実感したということだ。
このシステムに、倫理や道徳を入れることは、本当に難しいのだと、改めて思った。

一般市民が情報を外の世界に発信できるツールを手にした今、プロのマスコミは報道倫理を明確に規定するという点において、一般人との線引きをはかるべきではないかと思うが、ニュースソースが視聴率やアクセス数でニーズを左右される時代だから、おそらく無理なのだろう。

9時帰宅。
『ウォール街のランダムウォーカー』やっと読み終える。

コメント

タイトルとURLをコピーしました