若書き

東野圭吾『卒業』読了。
昭和60年の作品だった。30年近く昔じゃないか。
東野圭吾がメジャーになったのはいつからなのかよく知らないが、2000年代にどーんと出てきた作家という印象がある。
勝手にそう思っているだけなので事実ではないだろうけども。
先日読んだ「手紙」よりも、そういう意味では若書きという感じだった。

昼すぎから夕方までコナミへ。

19時帰宅。
鶏の胸肉を焼いて食べたが、あまり美味しくなかった。

夜はたまったブログの更新を細々とやる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました