鶏胸肉を焼く

夜更かしがたたり、昼起き。
13時を過ぎていてのけぞった。

午後、音響の作業。
選曲は大体終わったが。まだやることは残っている。

角煮を作る。
この前作った時のタレが残っていたので、醤油と酒と砂糖とネギの蒼部分を加える。
圧力鍋は使わず、弱火でゆっくり作る。

鶏の胸肉を焼く。
皮がぱりぱり。
落合シェフのやり方。
皮の部分を押さえて焼き、蓋をして蒸し焼きにし、火を止めてひっくり返し余熱で焼く。
ソースは、ネギソースにしてみた。

6時15分から稽古。
鶏肉をみんなに食べてもらう。
味はまずまずのようだった。
消えものの準備はこれでオーケーか。

通しをする。
2話の長さ、勘違いしていた。
やはり1話と同じだった。
トータル通し時間は1時間38分。
もう少し短くなると思うので、上演時間は1時間35分くらいか。

買い物をし、10時過ぎ帰宅。
玄米粥、納豆、角煮、サラダで夕食。

パンフ原稿を作る。
文字コンテンツをどうしようか悩む。
1話から4話のあらすじを書こうとしていて、無駄なことをしていると気づいた。
芝居を見てもらうのに、あらすじを書いても仕方ない。
何か他のコンテンツはないか考えるが、いいのが浮かばなかった。
3時就寝。

コメント

タイトルとURLをコピーしました