新しいものに挑戦する姿

朝、南阿佐ヶ谷から、すぎ丸の路線を南下し、善福寺川緑地、立正短大を走る。
ウエルシアで買い物をして帰宅。
おにぎり、メンチカツバーガー、あんパン食べる。

午後3時に家を出る。
自転車で代々木上原。
千代田線で表参道へ。

表参道GROUNDで、ワタナベエンターテイメントライブを見るつもりだったが、開演時間を間違え、1時間早く着いてしまった。
246沿いのマクドナルドで遅めの昼飯を食べ、本を読んで時間をつぶした。

4時半に再び表参道GROUNDへ。
ライブは前半後半に分かれ、間にトークが入る構成。
厚切りジェイソンの出番は後半だった。
Why Japanese people? ではなく、Why American people? となるネタを披露していた。
切れ芸を封印し、新しい表現を試していたが、成功とはいい難かった。
日本語をかなり流暢に話す人だが、今回のネタは喋りの達者な日本人芸人が演じても 難しかったと思う。
ただ、超多忙であるにも関わらず、緊張しながら新しいネタに挑戦する姿には迫力があり、客席もその新しい何かの誕生を、助産婦のように待ち望んでいるような趣があった。
来月もまた出演するらしい。

ライブは7時に終了。

寄り道せず、7時40分帰宅。

タイトルとURLをコピーしました