波動拳と昇竜拳の違い

6時前に起きて、赤くなりかけていたトマトの様子を見たら、茎になかった。
ちょっと離れたところに、へたの食べ残し部分が落ちていた。

一昨日か昨日数えた時は17個あったが、今は13個だ。
ここ最近、収穫できなかったのは、やはりカラスの仕業と見た。

たぶん、今朝の一個だけじゃなく、オレがいない間に他のも食われていたんだろう。
どうも最近、実がならないなあと思っていた。
今日くらいに沢山摘めるはずと思っていたのに、赤くなりかけていたトマトがない。
4個以上は確実に、やつに持ち去られているだろう。

頭に血が上った。こんちくしょう。
対策を立てないといけない。

7時半、走りに行く。
水道道路を神田川まで走り、西永福、高千穂大、五日市街道のコース。
6キロちょっとだった。

風呂に入り、金曜の夜に摘んだトマトを見る。
常温に置いて追い熟しているので、摘んだ時よりも赤くなっている。

カラス対策はテグスがいいと、色々なサイトに書いてあった。
だが、二株しか植えていないのに、テグスで囲むのは、大げさだし、何よりオレが動きづらくなる。
他には、実の部分をネットにくるむというのがあった。
これは、沢山のトマトを育てている人には、多すぎて大変だが、逆にオレは大丈夫だ。

9時を過ぎると気温がぐんぐん上がってきた。

ネットで地図を見る。
一番近く、なおかつきれいな海はどこだろう。

海岸近くに電車の駅がある海水浴場は意外と少ない。
片瀬江ノ島くらいか。

泳ぎたいというわけじゃなかった。
釣りは?

本牧の海釣り施設は、すでに混雑しているらしかった。
そもそも、釣りなんて、夏の真っ昼間にやるもんじゃない。

なら渓流はどうかと調べたが、そこまでして釣りがしたいってわけでもない。
どっか、涼しい木陰で、ビールなど飲みながら本が読めれば、さしあたりどこでもいい。
奥多摩か?

レンタカーを調べたら、1時間ちょっと後の予約があっけなく取れた。

11時過ぎに東高円寺で車を借り、さてどうしたものかと思いながら、とりあえず環七を下り、20号を西に向かった。
信号待ちの間に、檜原村の数馬の湯を目的地にした。
そして、車に乗った時点で、涼しい木陰でビール飲むことができないのに気づき、テンションが下がった。
しかも、本を持ってこなかった。何しに来たんだオレは。

ウォークマンも持ってこなかった。
仕方ないので、テキトーに知ってる歌を歌いながら運転した。

1時過ぎに武蔵五日市へ。
コンビニでアイスコーヒーを飲んで休憩。

CameraZOOM-20160718130435124

薪を売っていた。

武蔵五日市を過ぎると、道は山道になった。
のらりくらりと安全運転し、2時過ぎに数馬の湯に着いた。
まあ温泉だ。
入ってゆっくりして、上がったら体重とか血圧測ったり、足を機械でもむマシーン試したりとかすれば、文句なしに休日っぽい。

CameraZOOM-20160718141842011

で、入ったのだが、タオルを持っていなかった。
仕方なし。
サウナ、水風呂、露天風呂、それなりに堪能した後、体を流して、露天風呂の外にある椅子に座って体を乾かしてから上がった。
何とかなるものだ。

蕗の薹味噌を買い、4時半に出る。
飯を食っていなかった。

その前に、カラス対策だ。

数馬から山を降り、五日市を過ぎ、あきる野のダイソーに入った。
5時半だった。
そこで、「どんとキャット」という、野良猫やカラス対策のシートを見つけた。
プラスチックの剣山みたいなシートで、刺さらないが、踏んだら痛いので、近寄れないというもの。

6枚買った。
トマトをくわえられるあたりに敷いておけば、近寄れないはず。

それと、三角コーナー用ネットを買った。
これでトマトの実を包んでおく。

車に戻り、飯をどうしようか考える。
東小金井の「宝華」に寄ろうかと思ったが、月曜は定休日だった。

こういう時でないとなかなか行けない、「ラーメンショップ椿」に行くことにした。

多少の渋滞はあったが、7時過ぎに「椿」へ。
食券を買おうとして、ラーメンの「大」がないことに気がついた。
なくなったのだろうか。
もともとボリューミーだし、需要が少なかったのかもしれない。
チャーシュー麺の中を頼んだ。
食べてみて、違和感を覚えた。
スープが塩辛い。
美味いには美味いが、つけ麺並の濃さでは、スープを一緒に飲むことは出来なかった。
オレの味覚のせいか。
それとも、椿が変わったのか。

CameraZOOM-20160718190850068

青梅街道に出て、いつもうっかり通り過ぎる練馬のスタンドでガソリンを入れる。
いい加減、自分で歌うのにも飽きたので、ストリートファイター2のキャラ真似をした。

「波動拳!」
「昇竜拳!」

波動拳は真面目な技で、昇竜拳は自暴自棄な技であるのが、言い方でわかる。
それは、リュウとケンの違いでもあるんだなと、真似をしながら思った。
波動拳! という言い方には、秩序を感じる。
師匠から教わり、訓練して身につけた技を、生真面目に繰り出すというイメージ。
かたや、昇竜拳! という言い方は、身ひとつでアメリカに渡って、ジャップ嫌いのチンピラ達に取り囲まれてボコボコにされ、絶体絶命という時に繰り出す、起死回生の技という印象だ。
あくまで、言い方から逆算してのことだが。

8時半前に車を返した。
9時過ぎ帰宅。
声が嗄れていた。
「波動拳!」
「昇竜拳!」
と、車の中で50回くらい叫んだせいだろう。

すぐ、トマト周辺の防御工作活動に入る。
ネットに実を包むのは、カラス以外の鳥には効果がありそうな気がした。
カラスがネットごとくわえようとしたその時、地面にシートがある案配にしておけば、敵にとってはストレスに違いない。
そうだ、鈴をつけるという手もあった。
チリンチリンと不自然に鳴れば、ベッドから飛び起きたオレは庭に突進し、こう叫ぶだろう。

竜巻旋風脚!

タイトルとURLをコピーしました