遊び場に

台本、52ページ。
去年より早いが、全然安心できない。
まだ先が見えてこないからだろう。

午前中、KさんUさんと打ち合わせ。
我々が暇に見えないように、色々仕事を振りたいと、Kさんは言うが、Uさんは真に受けて憮然としていた。
席に戻る前にUさんと話す。
Kさんは上から言われたことを言い換えているように思えたので、直接確認するのがいいと思った。
昼、Nさんに、我々に期待している仕事内容など尋ねる。
30分ほど話し、誤解は解けた。
話がやってくる方向と、持ってくる人の性質が違うので、発言には裏があると常に思ってないと、馬鹿を見ることになる。
Uさんは、打ち合わせの時と内容が違ったので、ほっとしつつも釈然としない様子だった。

昼、「田一」で和定食食べる。

夕方戸山で稽古。

後半、頭が働かなくなってきた。
遊び場になるような台本にしたくて書いているが、遊びに乏しくなっている。
真面目にやる、よりも真剣にならないと、遊びにならないところがある。
たとえば、ふざける、を、気を抜いた感じでやると、それは遊びになってない。
いったん、感覚的に遊びが共有できれば、場所さえあればよいのだけど、なかなかそこまで行けない。

10時40分帰宅。
昨日仕込んだおでんと、セブンイレブンのおにぎり食べる。

タイトルとURLをコピーしました