板橋Cityマラソンの長い地獄時間

6時起き。
ゆかりをかけたご飯を朝飯に食べ、ウェアやシューズの支度をして、40分に家を出る。
新宿から埼京線で浮間舟渡へ。
ホームはマラソン参加者でごった返していた。

バスには乗らず、線路の西側を歩いて荒川土手へ。
河川敷に降り、川に近いところの空いたスペースで着替えを済ませる。

トイレに並んでいると、開会式をやっているところから、ブラスバンドの演奏が聞こえてきた。
曲は「宇宙戦艦ヤマト」だった。
初めてこの大会に出た時もその曲だった。

9時の号砲からおよそ5分後にゲートをくぐった。
しばらくは流れに逆らわず、全体のペースに合わせて走る。

10キロ地点までは、ごく普通のベースだった。
キロ5分前後。
早過ぎもせず、遅すぎもしない。

やがて、14キロ地点を過ぎた頃だろうか。
3分の1が過ぎたと思ってから、16キロ地点までのおよそ2キロを走るうちに、頭の中がぼうっとしてきた。
体調が悪いというより、気だるい感覚が、そのあたりでやってきたのだった。

16キロを過ぎてこら、両腿が張ってきた。
同時に、朦朧とした状態は脱したものの、走る速度ががくんと落ちた。
へたっていることを自覚した。
いつも30キロ地点前後にやってくる感覚だった。

そこからゴールまでを、地獄時間と呼んでいる。

レース前に走り込むのは、地獄がやってくるポイントが、極力ゴール近くになるようにするためなのだ。

2008年3月 25キロ
2009年3月 32キロ
2010年10月 35キロ
2012年3月 なし
2013年4月 28キロ
2014年11月 30キロ
2015年12月 32キロ

過去の地獄時間は、大体そのあたりで始まった。
ベストタイムを出した2012年は、最後まで地獄がなく、ラストスパートさえできた。

今回は、16キロ地点を過ぎたあたりで地獄がやって来たのだ。
残り26キロ。
これはダメだ。
救護所に入ってリタイアしようと思った。

そう思いながら17キロ、18キロ、19キロと走るうちに、折り返し点が近づいてきた。
ペースはキロ6分台に落ち込んでいたが、14キロ地点までのアドバンテージがあったので、片道は2時間をわずかに切ることができた。
しかし後半そのタイムで走るのは到底無理だった。

22キロから1キロごとにペースは落ちていき、26キロ地点で両腿がカチカチに固まってしまった。
足が前に出せなかった。
急遽、土手の芝生で仰向けになり、両腿をストレッチした。
しゃがむのが辛かったし、腿を伸ばす時に激痛が走ったが、何とかその先も前に進むことができた。

30キロを過ぎると、足の裏が痛くなってきた。
筋肉が疲労し、脹ら脛がクッションの役割を果たせなくなってきたのだ。

ここから先は、1キロ走っては腿のストレッチをする繰り返しだった。

4時間44分でゴール。
ワースト記録だ。
今まで走ったレースの中で、もっとも肉体的に苦痛を味わった。
それでも、棄権しないで走れたのは嬉しかった。

以前は37キロ地点を過ぎたあたりにあった「シャーベットステーション」が、ゴール後の場所に変更されていた。
いつも素通りしていたのだが、ゆっくり食べられるこっちの方がいい。

2時過ぎに、着替えて会場を後にした。
歩くのが辛かった。
駅までの送迎バスを、今回初めて利用した。

バスを降りてから「王将」へ行き、麻婆豆腐と餃子を食べ、生ビールを飲んだ。
板橋に出る時の恒例だ。

5時前帰宅。
風呂に入り、コンビニへ。
同じブロックの裏にあるというのに、歩くのがしんどかった。

今回の敗因が走り込み不足であることは明らかだ。
一回あたりの距離をいくら長くしたといっても、4回は少なすぎた。
それに伴い、体重も増えていた。
ここ3日はレースのため多めに食べたのだが、それによる体重増を筋肉がまかないきれず、筋肉の疲労を早めたのだろう。

加えて、シューズは9月のものをそのまま使っていた。
軽いが、その分クッション性は薄いものだった。
朝のランニングを習慣化していた去年の9月の時点なら良かったが、今回はもっとクッション性のあるものにするべきだった。

しかし、とにかく走った。
3年前、つくばマラソンを走った時は、悔しさがあったが、今回はむしろ負けて清々しい。

タイトルとURLをコピーしました