カシンの東スポ記事を本にして欲しい

水耕栽培のトマトを日当たりのいい場所に移動。
冬は窓に近いところまでしか日が射さないが、夏は逆になるのだ。
去年、夏以降トマトが実をつけなかったのはそのためではないか。

納豆キムチうどん食べる。

気温31度。
梅雨という季節がなければ、東京は亜熱帯かもしれないなと思う。

ドラクエ8やる。
クリアに近づいてるが、働いて台本書いて稽古してという生活をしていると、やる時間はなくなる。
息抜きになっていれば、自然と時間は出来るんだろうけど、もはやRPGは、ドラクエでさえ、息抜きではなく義務に近いものになっているのだな。

「やすらぎの郷」藤竜也演じる秀さん話続き。

夜、カイロの後、新宿ブックオフへ行こうとしたが、10時過ぎの時点で閉まっていた。

帰り、ケンドー・カシンの記事をスマホで検索する。
長年、東スポにネタ記事を提供しているレスラーだが、あれらを一冊の本にしてくれないだろうかと、本気で思っている。
この人の、罵倒と敬語が混ざり合った言い回しは、唯一無二のもので、練達の喜劇人の芸を見ているような気分にさせられる。
森繁とか渥美清とか、大袈裟ではなくそうした人が神妙に演じる味わいに、すごく似ているのた。
Twitterで毎日つぶやいたら、誰か企画してくれるだるうか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。