書いて消し、メタになる

朝、セブンのモツライスで朝飯。すぐ台本書き。
昼、サンドイッチを食べ、また台本書き。
同じページを書いては消し、書いては消すことを繰り返していたら、頭が痛くなってきた。

午後、宛名ラベルを印刷。気晴らしになるはずもなく、ただただイライラが募り、集中力が鈍る。台本書きに戻ったら、案の定何も出てこなくなっていた。書いても、使い物にならないセリフばかりでてきた。諦めてラスト場面を2ページ分残し、追加シーンを印刷。
脱稿出来ず、しかもラストの展開が「メタ」そのものになっている。
これは、書けない時の逃げのメタだなと思った。直さねばならんが、とりあえずそのまま印刷してみた。

阿佐ヶ谷で稽古。先に来ていた兜森くんらキクと話すうちについつい愚痴が出る。木原くん稽古初参加。

10時帰宅。明日は仕事だ。いつ脱稿出来るやら。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。