落ち着かぬ休日をやり過ごす

9時前に目を覚ます。それほど飲まなかったのに、軽い二日酔いだった。二日酔い自体珍しいのに、どうしたのだろうと思った。昨日寝すぎたことと関係があるのだろうか。
11時近くまで、半分起きたまま横になっていた。寝ようにも眠れず、起きるにはしんどかった。
しかし、意を決して起きると、体は案外軽かった。そうでなければ、眠りの立つ瀬がない。

ソーセージをフライパンで茹で、刻んだピクルスと一緒にトーストに乗せて食べた。
ピクルスは蜂蜜と砂糖と酢で少し煮詰めた。どこかのブログで世界一美味しいホットドッグの作り方を見た時、ピクルスをそういうふうに仕込んでいた。ピクルスだけ真似してみたわけだ。
そのブログによると、味の決め手となるのがトリュフマスタードで、パンの内側にたっぷり塗るのだそうだ。そこにケチャップを塗ったソーセージをはさみ、刻んだピクルスとオニオンフライをのせる。旨そうだけど、トリュフマスタードなんて安くても2000円以上する。それだけお金かければ旨いだろうよと、軽く反発心を覚えつつも、いつか試してみたいと思っている。

『騎士団長殺し』第2部読む。昨日の夕方から同じところを読んでは止まり、読み返しては止まっている。集中力が続かない。気持ちが浮わついている。鬱ではないが、気持ちのどこかが危うくなっていた。

2時過ぎ、走りに行く。環七を北上する。5キロ走ったところで折り返す。新青梅街道を超えたあたりだった。
帰りに図書館で予約した本を借り、サミットで買い物をする。大根の値段が2週間前の半分になっていた。

風呂に入ってから、夕食にチャーハンを作る。土井善晴先生の動画を見て、作ってみたくなった。フライパンに卵を入れ、そこにご飯を落とした後、少しして全体をひっくり返していた。その後でゆっくりと米をほぐしていくのだが、先生は全然急いでいらっしゃらない。チャーハン作りはスピードが命と思っていたので、その動画は衝撃的だった。

出来たチャーハンは、まずまずの味だった。やや薄めだったが、米に味がつくくらい味付けをしたら、塩分多すぎだろう。

明日は資源ごみの日だったので、漫画を捨てる。「風の谷のナウシカ」全巻。名作だし、電子書籍でも読めるから、現物は必要ない。

「進撃の巨人」最新話が面白かった。読んだのはおとといだ。
戦争は人を殺し、主人公もまた殺人者なのだという事実を突きつけられた。語られる言葉は最小限で、描かれる死は淡々としていた。
そんなエレンたちなんか見たくないというのが読者の思いなのだろうが、物語の意志が彼らにそうさせている。作者はそれに忠実にペンを動かしているだけだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。