水分放出走

8時起き。

朝飯にソーセージ、ザワークラウト、納豆キムチ。
昨日設置したテーブルで食べたが、椅子の位置によっては台心のシンクや浴室や洗面所やトイレの入り口が視界に入るため、壁を向くのが一番いいとわかった。テーブルのサイズも、食事をしてみるとちょうど良かった。満願全席をいただくわけじゃないし。十分。

10時に練習。先週からの課題二つ、引き続き来月もそれをやることになった。まだ雑なのだ。

2時、中野まで自転車で行き、西葛西へ。
昼飯をどこかで食べたいなあと思いながらメトロセンターを歩いていると、『モア』という昭和まる出し喫茶店が目に入った。たぶん、ずっと昔からやっている店だと思うが、今まで入ろうと思ったことはなかった。
で、勢いで入ってみた。店には客が一人もいなかった。
ナボリタンとアイスコーヒーを頼んでから、ネットで店のことを検索した。昭和風の店を『汚い』と感じてしまう人には評判が悪いが、そういうのが好きな人には好評だった。
コーヒーは美味しかった。ナポリタンは普通だった。

3時に実家へ。土産を冷蔵庫にしまった。
実家PC用のキーボードをノートPCに接続し、ディスプレイケーブルで外部ディスプレイに接続した。すると、キーボードとディスプレイは、デスクトップ環境とまったく同じになった。今後の実家PCはこれでいいかなと思った。

4時半、走りに行く。

最近、暑いため、エアコンをつけっぱなしにすることが続いており、汗で出すべき水分が体にたまっているように感じていた。そのため、今日は10キロ以上ゆっくり走るつもりだった。

旧江戸川に突き当たるまでまっすぐ走り、浦安橋を渡ってから、川沿いの道を河口に向かって走った。山本周五郎『青ベか物語』に出てくる船宿があった。
向こう岸は、いつもシーバスを釣っている江戸川区側の河岸だった。それを見て、大体どのあたりを走っているか見当をつけた。
やがて、大三角線の橋が見えてきた。土手沿いを走っていると、江戸川区に渡されているように見えたが、見明川に区切られた、ディズニーランドがある埋め立て地区画に渡る橋だった。その区画はかつて、大三角と呼ばれる広大な干潟だった。

その辺りで、たぶん5キロ以上は走っているなと感じたので、来た道を戻ることにした。途中、自販機で麦茶を買って飲んだ。Tシャツは汗をたっぷりと吸い、脱水前の洗濯物のように重くなっていた。

6時に実家ゴール。シャワーを浴び、夕食に麻婆豆腐を食べた。

輪島で買ったイカを焼いて食べた。わたつきの一夜干しだったので旨味が濃厚だった。たまらず、ビールを一缶あけた。

12時就寝。

コメント

タイトルとURLをコピーしました