早朝ハゼ釣りと雨

4時過ぎ起き。外は暗かった。天気予報を見ると朝は曇りだった。

4時20分頃に実家を出た。クロスバイクで浦安橋を渡る。途中、『上州屋』で釣り餌の自販機を探すが、なかった。少し焦ったが、Googleマップで釣り餌自販機を検索すると、行徳の釣り具店にあるらしかったので、そこに向かった。

自販機は、あった。

ハーフサイズを購入し、江戸川に向かった。マスクを忘れてしまったので、コンビニで買い物ができなかった。なんだか、マスクが人権と同一の意味をもちつつあるなあと思った。

5時過ぎ、江戸川到着。釣り人は数名いた。7時半頃が満潮時刻で、潮はだいぶ上がっていた。

いわゆる朝まずめなので、ハゼの食いはよかった。合わせのタイミングにも慣れてきて、取りこぼすことが少なくなった。

先週来た時、河原にはこんな感じで草が繁茂していた。

今朝来た時は、ものの見事に刈り取られていた。

釣りは順調だった。手前ではなく、10メートルほど投げた方が、アタリは多かった。

雑魚はこの1匹だった。仕掛けをやや早めに引いているとアタリがあり、そのままかかった。引くことで餌が底から中層に浮き上がったことで釣れたのだろう。即リリースした。

それにしても、何の稚魚だろう? チヌでもキビレでもないし。イシモチか?

8時台になると、南の方から濃いめの雲が流れてきた。

頭の中で数えていた釣果が29匹になったところで雨が降り始めた。そのタイミングで根掛かりしハリをロストしたので、納竿することにした。

一気に土砂降りになったので、東西線の線路下に避難した。

10時半まで雨宿りし、降りがおさまってきたところで帰路についた。

帰宅し、シャワーを浴び、道具を片付けてから、ハゼを捌き、唐揚げを作った。

釣果は31匹だった。途中、5センチに満たないハゼは放したりしたので、数えていてごっちゃになったようだ。前に釣った時と比べて、型は大きくなっていた。

輪島で買ったイカもあぶり、発泡酒のつまみにした。

午後、1時間ばかり昼寝をし、それから、何をしようか考えたが、結局ずっと家にいた。

夕方、『双葉』のとんかつとエビフライを食べる。

7時過ぎ、実家を出る。

8時帰宅。

PCに保存している、昔録画したテレビ番組の映像を見る。かつて、段ポール箱いっぱいに録画テープがあったものが、全部ひとつのハードディスクに入っているのは、奇妙な気がする。90年代の自分に言わせたら、未来の世界そのものだろう。

1時就寝。

タイトルとURLをコピーしました