気持ちの処理エクササイズ

朝、関西方面の依頼をこなそうとすると、新監督がツールをいじっていたことが判明した。瞬間的にカッとなり、なぜ勝手にいじるんだ、的なことを言う。

彼は以前も、秀子ツールを勝手にいじるということがあったので、「次、こういうことがあったら、オレも考えるよ」と言うと、彼も「だったら、改修箇所などは全部教えてくださいよ」と、プチ逆ギレしてきた。

その後、怒りが持続するかと思っていたが、意外なことにすぐおさまった。今、怒っているのは「種」がそうさせているのだから、のせられてはマズい。そういう思考が機能し始めると、冷静になっていった。

その後は、落ち着いた気持ちで、新監督に、これこれこうやって改修したなどの報告ができた。気分をうまく処理できたことが何より良かった。

夜、中野で髪を切る。セーターを編んだことを話し、会計する時アヴェさんに写真を見せたら、「えっ!想像よりずっとちゃんとしてるじゃないですか!」と、驚かれた。

8時半帰宅。

インベンションの練習をしつこくやった。ブロックごとに分け、ミスなしで10回連続で弾けないと次にいけないルールで、同じフレーズを何度も繰り返した。

その練習をしたら、全体を通した時ののミスがかなり減った。やはり、体に覚えさせるプロセスは重要なのだなあと思った。

タイトルとURLをコピーしました