イルカ団見る

 10時半頃起きる。
 部屋の掃除をし、公共料金等の支払いを済ませ、軽く飯を食ってから中野に行く。

 イルカ団公演、「デザート」
 ウエストエンドスタジオ。

 2時開演だと思っていたら、2時半開演だった。
 昨日は30分遅刻し、今日は30分早く着いてしまった。
 この、時間の無駄な収納スペース、どうにかならないものか。

 差し入れにおにぎりを持っていく。
 出演する望月、風邪をひいてしまったらしい。
 この季節に風邪なんて、まるでVHSではなくベータを買ってしまった人みたいだ。

 イルカ団の芝居には、96年と97年に出演している。
 作・演出の小林英武君は、マグネシウムの旗揚げ公演にも出ている。
 だから、彼の好みは何となくわかっているつもりだったのだが、99年あたりから芝居のカラーが微妙に変わってきた。
 それまでのマイペースな、どちらかというとアンチドラマな志向から、短編ミステリー風の作品に変わってきたのである。
 今回も前半は日常会話が続くだけなのだが、中盤で「事件」が起こり、謎が謎を呼ぶような展開になっていく。
 しかしラストで強引に、今まで通りのイルカ団カラーに戻すあたりは、本人に「照れ」があるのだろう。
 その気持ちはわかる。

 終演後、望月と制作の話し合いをする。
 マジで風邪をひいていた。
 オペの神田さんまで風邪をひいていた。

 横岳と山口めぐみちゃんが見に来ており、お揃いのコートを着ていた。

 横岳「今日」
 山口「今日」
 横岳「買ったんです」
 山口「買ったんです」
 おれ「へ、へえ。一緒に買い物したのかい」
 横岳「ええ」
 山口「ええ」
 横岳「駅から来る途中」
 山口「駅から来る途中」
 横岳「お店があって」
 山口「お店があって」
 横岳「買っちゃいました」
 山口「買っちゃいました」

 何だか話していると乗り物酔いしそうだった。

 横岳はついにパソコンを買ったらしい。
 シャープのメビウスを36回払いとのこと。
 「でも、何もわからないんで、大変なんですよ」
 明日、漠の追いコン前に設定をしてやると約束する。

 オペの佐野ちゃんと話す。
 携帯用の灰皿が格好良かった。
 それから、モバイル端末のケースも、格好良かった。
 ライターも格好良かった。
 相変わらず、手にするグッズにこだわりがある。
 バイクも「カブ」だし。

 松井(もとのぶ)さん、「ギョーザ大作戦」に出演が決まる。
 いやいや、ありがたいありがたい。

 松井さんと佐野ちゃんに誘われて、久しぶりにウエストエンドスタジオ前の「すし政」に行く。
 佐野ちゃんは常連らしい。
 マグロとアナゴがうまかった。

 すしを食ってから二人と別れる。
 そして、とうとう手に入れたロバート・ゴダードの新作「永久に去りぬ」を電車の中で読む。
 至福至福。

タイトルとURLをコピーしました