連休明け初稽古

 昼の3時、オギノ式から電話があった。

 「もしもし、ドカさんですか、今どこにいますか」
 仕事で六本木にいると答えると、
 「何だ。そんな大人の街にいるのならもう用はないです」
 どういうことだと問いつめると、
 「実は、今小金井の南口をほっつき歩いてるんですけど、夕方まで時間をつぶすのに丁度よいスペースはないかと思いまして。そこで、小金井といえばドカさんだから、部屋にいるならおじゃまして、くつろごうかなと」
 くつろぐには図書館がいいぞとアドバイスをした。
 彼は礼を言うと話をかえた。
 「この前、川口さんや志乃さんたちと、餃子パーティーをしたんです」
 おいおい、それはどういうことだ?
 「うまかったですよ。餃子って面白いですね」
 なぜお前達がそんなことをする必要があるんだ?
 「色々発見もありましたし」
 その必要があるのか?
 「それじゃ」
 ガチャン。ツーツーツー。

 失礼な奴だ。
 俺が「ギョーザ大作戦」を書いていることを知っての上での犯行か。
 招け俺を。

 夜、連休明け初の稽古。
 去年、「粗忽重ね」という芝居を書いたのだが、それに出演していた谷口さんという娘が見学に来た。
 当然、稽古に参加してもらう。

 書けない書けないと悩みながらも、冒頭シーンだけは昨日せっせと書いた。
 えつ子という女の役を、智保ちゃんにやってもらうことにする。
 かき氷が溶ける音というのを色々考えてもらうことに。
 「色っぽい溶け方だよ」
 と、注文する。

 稽古後、健ちゃん、山ちゃん、谷口さんとサイゼリアに行き、軽く飯を食う。
 山ちゃん、最近調子が悪いという。
 「山ちゃんねえ、近頃未来が見えないの」
 予言者かお前は、というツッコミを飲み込み、ひたすら盛り上げ役に徹する。

 12時半に小金井帰宅。
 昼は暑くても、夜になるとまだ寒い。
 春の亡霊が蠢いている。
 早く成仏してくれれば、一気に夏が来るだろう。
 そうすればこっちの勝ちだ。
 中日も勝ったし。

タイトルとURLをコピーしました