猫客

 昨日は珍しくビールを1本だけしか飲まなかったので、今朝はすこぶる調子が良かった。
 あまりにも調子が良いので、エネルギーを仕事なんぞに費やすのがもったいなく思えた。

 昼、「安兵衛」という居酒屋で定食を食う。
 ビジネス街にしては珍しく、安くてうまい店だった。

 銀色夏生「つれづれノート」読む。
 内容はまさに、つれづれなるままにノートに書いた「日記」
 落書き風のイラストが楽しい。
 「匂い」への感性がとても鋭い人だなと思った。

 夕方6時、小金井帰宅。
 部屋の掃除をしようと窓を開け、先に台所を片付けていたら、いつの間にか部屋に猫が入って来ていた。
 濃い茶色の猫。
 こちらを見上げて、「ダメ?」と首をかしげた。
 「ダメじゃねえけど、何にもねえぜ」
 「ナニモ?」
 「煮干くらいならあるけどよ」
 「ニボシ?」
 「わかった、やるよやるよ」

 猫が煮干を食っている間、掃除は中断。
 彼はその後も30分ほどのらりくらりしていたので、掃除をするタイミングを失ってしまった。
 簡単な拭き掃除だけする。

 本の整理をしていたら、押入れから高校時代の日記が出てきた。
 思わずのけぞる。

 フランク・ハーバートの「デューン」シリーズが出てきた。
 難解で、読むのに随分時間がかかった本だ。
 もう一度読み直してみようと思う。

 王子小劇場の玉山さんから電話。
 マグネシウムリボンの来年の予定について少し話す。

タイトルとURLをコピーしました