朝焼け

夕焼けではない

 いきなりだが朝焼けである。
 朝の4時半頃だったか、東の空を何気なく見てみると、空が朱に染まっていた。
 珍しいほど色が映えていたので写真に撮ってみた。

 朝焼けは何となく不吉なイメージがあり好きではなかったのだが、今朝のはただ美しかった。
 空だけを見ているととても夏の空には見えなかった。
 晩秋か、初冬の色合いだ。

 かといって昼間の暑さがやわらいだというわけではない。
 日差しはコンスタントに強い。
 それでもあと2週間くらいすれば秋の気配が感じられるのだろう。

 夕方、久しぶりにマラソン。

 夜、イカと野菜の炒め物に蒸し鶏を食う。
 テレビで伊丹十三の監督デビュー作「お葬式」をやっていた。
 伊丹さんは死ぬまで批評家からの評判が芳しくなかった人だが、シナリオや撮り方が神経を逆撫でしたのではないだろうか。
 どこをどういう風に逆撫でしたのかはわからないが、何となくそう思う。
 普通に楽しむ分には大変面白いのだけど。

 食い物の描写がしつこくてよろしい。
 ウナギが食いたくなった。
 すしが食いたくなった。
 弁当が食いたくなった。
 アボガドが食いたくなった。
 日本酒が飲みたくなった。
 どうしてくれるんだ伊丹。

 新日本プロレスのG1クライマックスで、高山が決勝進出を決めた。
 すばらしい。
 決勝で当たるのは蝶野。
 Uインター時代を思うと感慨深い。
 もしもG1を制覇したら、今年のプロレス大賞も堅いだろう。
 ぜひ頑張って欲しいものだ。

タイトルとURLをコピーしました