チラシのカットをお願いする

 夕方、チラシの話し合い。
 今回、3カットほどを故林広志さんに描いてもらうことになった。
 美術の松本さんが故林さんと懇意ということで実現したのだが、故林さんは6月に公演があるとのことで、こちらとしては心中ひたすら恐縮しつつのお願いであった。

 仙川駅で待ち合わせ、近くのファミレスで決まっているレイアウトや、カットの説明などをする。
 大きい絵を描いてもらうわけではないので、詰めるべきことはそれほどなかったが、終始緊張してしまった。

 故林さんがかつてリリースしていた『薄い故林』のことなどを少し聞いた。
 今はネットでやっているので、フリーペーパーの形では出していないとのこと。
 昔、王子小劇場に行くと、置きチラシの棚に必ず何号か置いてあり、よく読ませていただいた。
 「大変なんだよね」
 そうだろうなあ、と頷きつつ思った。

 駅前で故林さんと別れ、松本さんと途中まで電車。
 劇場下見の件について少し話す。

 9時半帰宅。
 ご飯を炊き、シャワーを浴びる。

 夜、金曜恒例の『タモリ倶楽部』鑑賞。
 すっかり<社会科見学番組>と化しているが、今にはじまったことじゃないかと思い直す。

 4日ぶりに酒を飲む。
 アルコールの回りが速くなるかと思ったがそうでもなかった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。